ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ペグ2回目投与5日目

[E:shock] 昨日から咳き込みがひどい。

 咳き込むためあまりよく眠れない。気管支に持病を持つ身とはいえ、咳き込みを抑える方法はないものだろうか?前回も治療を断念する原因となっているので、何とかしたい。

 ところで、日曜日のの総会の質疑応答の場面で、議員の先生から「県庁職員と会員の間には、大きなギャップがあるようだ。」とのご指摘を頂いた。この言葉の意味を考えるにちょうど良い事例がある。例の大阪府知事である橋下氏が、初めて職員の前で話したときのことである。いわゆる民間なら潰れる発言である。そもそも民間人と公務員の物事の考え方が根本的に違っているのだ。だから両者には中々埋められないギャップが生じるのだと思う。例えば、私たちが県に対していろいろなことを要望しても、組織をなんとか維持管理しようというばかりで、それを具体的に実現していきましょうという考え方はないに等しいのではと思えるくらいである。決定的な差は、民間のようにお客様の為消費者の為に働くということを知らないことであると思う。しかし、私たちは、このギャップを埋める努力をしながら、決してあきらめることなく活動を推進しなければならない。

 しかし、大阪知事の橋下氏は、民間で働いたことがあるのだろうか?


スポンサーサイト
別窓 | 闘病記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。