ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

明日はペグ投与の日

Nagano1  

 今週は、頭の重い日が多かった。やはりリバビリン4錠はかなりきつい。前回の血液検査ではそれ程極端に数値が動いてはいなかったが、今週の検査ではヘモグロビンの値がかなり低くなっていた。まだ10の値はきっていないものの、かなりふらついてしまう。
 しかし、この他にも問題が出てきた。溶血性の貧血が進むにつれ、尿酸値とヘモグロビンの数値が高くなってきたのである。前回も上昇傾向でしたが、少し数値が高すぎるので、痛風発作が起きても困るから、お薬を出しましょうと言われ、ザイロリック錠を朝晩1錠服用することになりました。水を多めに2リットル以上飲んで下さいとのことだが、全ての水分の合計が2リットルなら未だしも、水だけで2リットルはかなりきつい。
上の写真は、散歩中に撮ったもの。すずらんみたいだけど、何だろう?


スポンサーサイト
別窓 | 闘病記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。