ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ペグ4回目投与6日目

 全身の倦怠感が増して、立って動くことも辛くなってきている。長く座っていて、すぐに立つ事が出来ない。急に立ったら、立ちくらみを起こし、転びそうになることが多い。それに全身の痒みがますますひどくなって、熟睡が出来ない事が多くなっている。しかし、頭の重いことはあっても、今週に限っては、頭痛があまり起きていない。このことは、助かっている。ロキソニンを飲む回数が減るだけでも違うと思う。咳き込みは、持病があるのだから、仕方がないと半ばあきらめている。
 とにかく今一番気がかりな、病気のストレスを発散させるには、又、鬱に陥らないようにするには、どうしたら良いのでしょうか。考えないことが一番良いのだと思いますが、性格上、如何ともしがたい。

スポンサーサイト
別窓 | 闘病記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。