ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

10本目のペグ打ってきました。

 本日、10本目のペグを打ってきました。先週は、1日も少しは楽かなと思える日はありませんでした。口から出る言葉は、辛い、しんどい、具合が悪い。本当に嫌になってしまいます。
 しかし、誰も変わってはくれないのです。自分の気持ちをコントロールして耐えなければ、ウイルス排除など到底無理なのです。ウイルスと言えば、今日2回目のウイルス検査の結果が出ました。結果は、ウイルス除去には至りませんでした。タックマン法でいう4.2という値でした(以前の検査方法だと16KIU/mml)。最初の6.7という値からすれば減ってるという見方も出来ますが、8週目を終えた後の検査でウイルスが消えていれば、除去の可能性がかなり高いと聞いておりましたので、少し残念です。今度は12週目後ということになりますが、結果はどうでしょうか?
 まだまだ、貧血の方が改善しないので、歩くとよたよたして、杖がないと真っ直ぐ歩けない状況です。先週は、定例会にも参加出来ず、事務局のみなさんにはご迷惑をおかけしました。でも、これからの季節は、私を更に苦しめることになりそうです。なるべく調子の良い時は参加しようとは思っていますが、今の調子では、参加出来ないかもしれません。その時は、お許し下さい。
 注射を打って5時間、そろそろ熱が出てきたみたいです。身体もだるさが増してきたので、横になります。

スポンサーサイト
別窓 | 闘病記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。