ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

カルテなき薬害患者の救済に向けて

 薬害肝炎問題は、2008年1月に施行された特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第?因子製剤による型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する「特別措置法」が制定されたことや、その後、国と製薬会社に損害賠償を求めていた薬害肝炎訴訟も製薬会社と和解し終結を迎えたこともあって、世の中の人々に肝炎問題はもう終わったとの認識が生まれているようです。しかし、この救済法で救われるのは、1万2千人の投与患者の内、1割にも満たない約千名ぐらいのカルテやはっきりとした証拠が提出された場合に限られているのです。カルテも証拠も見つからない患者は取り残されたままなのです。
 
カルテなき薬害患者の救済に向けて…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。