ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

薬害肝炎、国との基本合意1周年集会


 薬害肝炎訴訟の全国原告団は27日、国との和解基本合意から1年を記念する集会を東京都内で開き、肝炎患者全体の救済や恒久対策の法整備などの実現を訴えた。
 原告ら約200人が参加。C型肝炎患者だった歌手森進一さんも駆け付けた。
森さんは「病気の進行におびえながら、限られた人生をどう生きるか考えていたが、数年前に悪化。インターフェロン治療に踏み切ったおかげで完治した」と明かし、治療中の原告らに対して「勇気を持って、頑張って」と激励した。
 集会では原告らが次々に登壇し、製薬企業との和解基本合意成立や国の肝炎対策など、この1年の動きを報告。全国原告団の山口美智子代表(52)が「肝炎問題は終わっていない。薬害根絶と一般肝炎患者の対策実現のためにこれからも闘う」と訴えた。
2009/01/2720:51【共同通信】

 
薬害肝炎、国との基本合意1周年集会…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。