ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

骨髄細胞で肝硬変改善機能を再生、副作用なし

  以前、NHKのクローズアップ現代でも取り上げられたことのある治療法です。
 国内で約30万人の患者がいるとされる肝硬変は根治につながる治療法がなく、肝臓がんに進行する場合が多い病気である。山口大の坂井田功教授(消化器内科)らは患者自身の骨髄細胞を使い、肝機能を再生させる治療に取り組んでいる。
 臨床研究として22人に実施し、ほぼ全員に何らかの効果を確認。肝臓の線維化が消え去り、副作用も見られず、自分の骨髄を使うので拒絶も出ないという本当に夢のような治療法である。
 
骨髄細胞で肝硬変改善機能を再生、副作用なし…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。