ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

肝炎医療講演会:「患者には時間が…」

 薬害C型肝炎訴訟やB型肝炎訴訟の原告・弁護団や患者らが25日、中央区天神の福岡市民会館で「肝炎医療講演会」を開き、改めて肝炎対策基本法(肝炎患者支援法)の早期制定などを訴えた。

 講演会では、肝臓病研究の権威として知られる谷川久一・久留米大名誉教授がウイルス性肝炎の治療や課題について解説。「知らないうちに感染していることがある。一生に1回は検診を受けてほしい」と呼びかけた。

 この日は地元選出の与野党の国会議員らも出席。C肝訴訟の全国原告団代表、山口美智子さん(52)は「国の無策のために長年苦しみ、今も治療に苦しんでいる。昨年度から始まった国の肝炎対策(7カ年計画)では不十分。根拠となる法の制定に尽力をお願いします」と求めた。

 また、B肝訴訟の九州原告団副団長、窪山寛さん(62)も再発した肝がんに苦しむ生活を語り、「死の恐怖と向き合う毎日。肝炎患者にはもう時間がないのです」と訴えた。【和田武士】福岡
 
 
肝炎医療講演会:「患者には時間が…」…の続きを読む

スポンサーサイト
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

署名活動ご協力ありがとうございました。

 「肝炎対策基本法」を早期に実現させる為に取り組んでおりました署名活動は、引き続き行っておりますが、日肝協へとりあえず4月20日までに集まった分を送付する為、集計を行いました。その結果街頭署名活動分や個人、団体にお願いした分など、3000筆を超える署名を集めることが出来ました。特に大野肝炎希望の会は、1団体で全署名の半分の数を集められました。会員の皆様の地道な努力があってのことと思いますが、会員数の少ない大野や勝山の肝友会が頑張っておられるのに、会員数の1番多い福井の肝友会は何をしてるんだとお叱りを受けそうです。
 しかし、みんなそれぞれ頑張っての結果なので、本当にご苦労様でしたと感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

 
署名活動ご協力ありがとうございました。…の続きを読む
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

がんペプチドワクチン療法


 NHKの番組「サイエンスZERO」で紹介されたがんの最新治療法であります。
「がん」は人によって多様で、その“個性”を探り、それに応じた新たな治療法の研究が注目を集めてます。個性の手がかりが「ペプチド」。がんに特有な遺伝子が作るたんぱく質の一部で、東京大学医科学研究所のチームは1000人を超える患者の細胞の遺伝子をすべて分析。がん特有のペプチドを100種以上も同定することに成功しました。そのペプチドを利用したのが「ワクチン療法」。ワクチンを接種して「キラーT細胞」と呼ばれるリンパ球の一種を体の中で活性化させ、がん細胞を攻撃し増殖を抑えるというものです。和歌山県立医科大学では治療が困難とされるすい臓がんの一部の患者で治療を行い、その効果を確認した。また久留米医科大学では31種類ものワクチンを用意し、患者ごとに反応性の高い4種類を簡単に選び出す方法を開発、治療効果を高める試みが続けられている。
がんペプチドワクチン療法…の続きを読む

別窓 | ニュース | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

臓器移植法改正を求めて、国会に請願書


署名を前に臓器移植法の早期改正を訴える中沢啓一郎さん夫婦(左から2人目3人目)
=衆議院第二議員会館で

 臓器移植を受けるために渡米した1歳の長男を移植直前に亡くした横浜市の会社員中沢啓一郎さん(37)、奈美枝さん(34)夫婦と支援者が9日、15歳未満の臓器提供を禁じる臓器移植法の早期改正を求める請願書と、署名約3万8000人分を衆参両議院議長に提出した。

 世界保健機関(WHO)は5月、各国で提供臓器が不足しているとして、国外での移植自粛を促す指針を採択する方針だ。これを受け、中沢さん夫婦は、同じく移植を受けられずに娘を亡くした神奈川、埼玉県の遺族らと協力し、3月中旬から首都圏を中心とする街頭活動などで署名を募った。

 衆院厚生労働委員会は1日、同法改正の是非を議論する小委員会を設置した。
492228分 配信:読売新聞


 
臓器移植法改正を求めて、国会に請願書…の続きを読む

別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

B型肝炎治療の助成拡充を与党容認へ


 全国に110万~140万人と推定されるB型肝炎患者の被害者救済をめぐり、与党は6日、野党側が求めていた抗ウイルス薬への治療費助成を容認する方針を固めた。昨年4月から始まった肝炎患者への治療費助成は主にC型に効くインターフェロン治療に限られており、B型患者は助成対象の拡大を求めていた。

 
B型肝炎治療の助成拡充を与党容認へ…の続きを読む
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

肝移植患者と家族の会



まだ五分咲き?

 昨日、肝移植患者と家族の会の懇親会に参加してきました。1年ぶりにお会いした皆さんは、とてもお元気で、肝移植をなさった方々には見えませんでした。
 私にとっても肝友会の活動を始めたきっかけになった会ですし、毎年こうしてお会いでき懇談できることは、とても大事なことのように思えます。お世話下さる方には、ご苦労をおかけしますが、頑張って継続して頂きたいと思います。
 今回、会に参加して一番印象に残ったことは、顧問ドクターがプロジェクターを使用して解説された、「免疫の寛容」というお話でした。
 
肝移植患者と家族の会…の続きを読む
別窓 | 思いつくまま | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

48週区切りの治療を終えて!

 2度目のペグイントロンとリバビリン併用療法が区切りとなる48週を終えました。残念ながら、4月から助成期間延長(72週)とされる対象からは外れてしまいました。
 延長の対象となるには、一定の条件を満たすことが必要ですが、その条件は、投与開始後12週後にHCV-RNA量が前値の1/100以下に低下するが、HCV-RNAが陽性(RealtimePCR)で、36週までに陰性化した症例に該当すること。尚、「前値」とは、治療開始6月前から治療開始直前までの間の値とする。との縛りがあり、私自身は、36週を終えた時点で、陰性には至らず、延長を申請することは叶いませんでした。

 
48週区切りの治療を終えて!…の続きを読む
別窓 | 闘病記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。