ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

がんペプチドワクチン療法


 NHKの番組「サイエンスZERO」で紹介されたがんの最新治療法であります。
「がん」は人によって多様で、その“個性”を探り、それに応じた新たな治療法の研究が注目を集めてます。個性の手がかりが「ペプチド」。がんに特有な遺伝子が作るたんぱく質の一部で、東京大学医科学研究所のチームは1000人を超える患者の細胞の遺伝子をすべて分析。がん特有のペプチドを100種以上も同定することに成功しました。そのペプチドを利用したのが「ワクチン療法」。ワクチンを接種して「キラーT細胞」と呼ばれるリンパ球の一種を体の中で活性化させ、がん細胞を攻撃し増殖を抑えるというものです。和歌山県立医科大学では治療が困難とされるすい臓がんの一部の患者で治療を行い、その効果を確認した。また久留米医科大学では31種類ものワクチンを用意し、患者ごとに反応性の高い4種類を簡単に選び出す方法を開発、治療効果を高める試みが続けられている。
がんペプチドワクチン療法…の続きを読む

スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。