ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ヨーグルト摂取で風邪に効果

 乳酸菌「1073R-1」を使ったヨーグルトを摂取すると、ウイルス感染した細胞を攻撃するナチュラルキラー(NK)細胞の働きを活発にし、インフルエンザウイルスの増殖を抑えることが15日、東京都内で開かれたセミナーで報告された。北里大などによるマウス実験の結果で、このヨーグルトを食べると風邪をひく危険性も半減したという。
 研究チームは、1073R-1のヨーグルトをマウスに4週間与えたところ、NK細胞の働きがより活発になった。この乳酸菌が作る多糖体(EPS)を3週間与えても同様だった。ヨーグルトやEPSを食べさせたマウスにインフルエンザウイルスを感染させたところ、感染力のある肺の中のウイルス量が減った。さらに山形と佐賀県内の60歳以上の72人に、このヨーグルトを8週間と12週間食べてもらい、食べなかった70人と比べたところ食べた人は風邪をひく危険性が半減した。北里大の山田陽城教授は「乳酸菌も粘膜免疫系などの活性化に働くなどして健康維持にかかわると推定される」と指摘した。
 毎日新聞:2009年10月15日 22:00分


ヨーグルト摂取で風邪に効果…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

インターフェロン助成、自己負担額軽減を検討へ

 厚生労働省は10月14日、昨年度から実施している肝炎インターフェロン医療費助成事業で、昨年度に受給者証の交付を受けた患者数は4万4371人と、目標の10万人を大きく下回ったことを明らかにした。長妻昭厚労相は同日の記者会見で、要因の一つとして経済的理由を挙げ、来年度から自己負担額を軽減していきたいとの意向を示した。
 昨年4月から始まった助成事業は、インターフェロン製剤で治療しているB型、C型肝炎の患者が対象で、世帯の所得に応じて自己負担(毎月1万―5万円)すれば、残りの治療費は国が賄う仕組み。

 厚労省のまとめによると、昨年度の受給者を、(1)世帯当たりの市町村民税の課税年額が65000円未満で、自己負担限度額が月額万円(2)課税年額が6万5000円以上23万5000円未満で、自己負担限度額が月額3万円(3)課税年額が23万5000円以上で、自己負担限度額が月額5万円の3つに分類すると、(1)が2万1026人、(2)が1万4498人、(3)が8012人で、それぞれ全体の48.3%、33.3%、18.4%を占めた。
 この日の会見で長妻厚労相は、目標である年間10万人の半数以下にとどまった理由の一つとして経済的理由を挙げ、来年度からの自己負担額軽減を検討する意向を示した。
 厚労省は受給者が少なかった原因として、▽多くの人が、自分が肝炎患者であることを知らない▽地域の診療体制整備の遅れ▽副作用の心配などから受療しない-なども指摘している。
 民主党はマニフェストで、インターフェロン治療の自己負担額の上限を月1万円にし、治療のために休職する患者の生活や、インターフェロン以外の治療に対する支援を行うとしている。
                  
 更新:2009/10/15/15:41キャリアブレイン  


インターフェロン助成、自己負担額軽減を検討へ…の続きを読む
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。