ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

肝炎対策基本法:自公の提出案まとまる 国の責任も明記

 自民、公明両党は5日、今国会に共同で提出する肝炎対策基本法案の概要をまとめた。民主党の肝炎対策法案が来年4月施行を検討しているのに対し、施行期日を来年1月として患者団体に配慮した。民主党案にない肝硬変や肝臓がん対策についても、薬品治験の迅速化などを盛り込んだ。血液製剤や予防接種による感染について旧与党法案にはなかった国の責任も明記した。 毎日新聞 2009年11月5日


肝炎対策基本法:自公の提出案まとまる 国の責任も明記…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。