ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

日肝協、法制定に向け国会請願

 日本肝臓病患者団体協議会(日肝協)は1110日、「肝炎対策基本法制定を求める国会請願行動」を行った。日肝協は、衆参両院議長に今国会での請願の採択を求める働き掛けを強める方針で、この日は各党の国会議員に協力を呼び掛けた。
 請願行動に先立って議員会館内で開かれた院内集会には、与野党から国会議員8人が参加したほか、薬害肝炎全国原告団、B型肝炎訴訟原告団の関係者らが集まった。
 日肝協は集会で、「肝炎対策基本法案について」とする声明を発表。声明では、同法制定の準備作業を行うに当たり、
肝炎、肝硬変、肝がん患者の検査と治療の医療費支援と生活支援
ウイルス検診未受診者の実態を把握し、肝炎ウイルス検診につなげる対策を講じる専門医の養成と配置など治療体制の確保と、最新技術が全国あまねく行きわたる制度を確立する―など5点を盛り込むよう政府や与野党に求めている。
 請願行動では、9月以降に集めた88655人分の署名を衆参両院の厚生労働委員ら87人に届け、請願提出のための紹介議員になるよう要請した。
 日肝協の山本宗男代表幹事は同日の記者会見で、「肝炎対策基本法が、いろいろな方の骨折りの結果ようやく制定されようとしている。非常に感謝している」と述べた上で、「基本法ができても、これからどう肉付けしていくかについて、さらに活動していかなければならない」とした。
 同席した薬害肝炎全国弁護団の小松雅彦氏は、「まだ法律が成立しているわけではないので、何が起こるかは分からない。原告団としては、法律が成立するまでは手綱を緩めない」と強調した。

更新:2009/11/10 20:50   キャリアブレイン


日肝協、法制定に向け国会請願…の続きを読む

スポンサーサイト
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。