ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

肝炎対策基本法成立 恒久救済は国の責務

 肝炎対策基本法は、国や地方自治体が患者救済の施策を推進する土台となるものだ。国内に350万人以上とされる感染者にとって治療費の経済的負担が重圧となっており、厳しい財政事情の中でも、早急に医療費や生活費を助成する恒久的措置を講じることが国の責務だ。
 B型・C型肝炎のインターフェロン治療について、国は昨年4月に医療費助成制度をスタート。長妻昭厚生労働相は来年度以降、助成額を拡充する意向を表明し、金額を明示しない「事項要求」として概算要求にも盛り込んだ。
 だが、患者の間には「法的裏付けがないままでは、今後も助成制度が継続されるか分からない」との不安が大きかった。治療中は副作用などの影響で休業・休職を余儀なくされるケースも多く、この間の生活の保障を求める声も根強い。
11月30日11時30分 MSN産経ニュース


肝炎対策基本法成立 恒久救済は国の責務…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。