ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

肝炎対策基本法案:成立 「県独自の対策を」「県民の会」が知事に要請 /鹿児島

 肝炎対策基本法案が参院本会議で可決成立したことを受け、「薬害C型肝炎問題に取り組む県民の会」(松元徹 代表)が30日、県庁で伊藤祐一郎知事あての要請文を提出。県独自に具体的な肝炎対策を講じるよう求めた。
「県民の会」は、基本法成立を歓迎。その上で県内の課題として離島、へき地対策を指摘。「治療できる医療機 関が近くになく、治療できない人がいる。通院費の助成や治療環境の整備を県として独自に検討し、国に要望してもらいたい」と訴えている。
 県健康増進課の西宣行課長は「『県独自』というのは難しいが、国の動向を見極めながら、無料検査や医療費助成についてのさらなる啓発に努める」と応じていた。毎日新聞 2009年12月1日 【川島紘一】
肝炎対策基本法案:成立 「県独自の対策を」「県民の会」が知事に要請 /鹿児島…の続きを読む

スポンサーサイト
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。