ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

肝炎対策基本法案の具体策を求めて!

 先日、県と市の障害福祉課の方へ行ってきました。目的は、成立した「肝炎対策基本法案」を、本当の意味での肝炎患者支援法とするための具体策、県独自の支援などの計画が立てられているのか確認するためのものでした。
 しかし、県の担当者は、国の方針が決まってくるのを待っているところで、具体的な対策については、まだ何も決まっていませんとの回答でした。今後は地方に委譲されることも多いでしょうし、法律の施行は2010年1月からだと言うのに、何も進んでいないのです。
 私たちは、急遽肝炎対策の具体策や要望について会なりにまとめて、県の方へ請願書を提出することに致しました。県直接になるか県議会の方となるのかまだ決まっていませんが、来年早々に提出したいと思っています。
 市の障害福祉課には、来年1月24日に行われる当会の月例会に、2010年4月から交付されることが決まった肝機能障害者の身体障害への追加について説明会を行っていただくため、その要請に出向きました。肝機能障害者へのハードルは厳しいものですが、移植者を始め何人か該当者がおりますのでお願いいたしました。この件は、快諾を得ましたので、会員の方には、後日文書でご連絡したいと思います。

スポンサーサイト
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。