ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

肝炎対策で「患者サロン」開設へ 厚労省、心のケアに

 すべてのウイルス性肝炎感染者の支援を目的とした肝炎対策基本法の1月施行を受け、厚生労働省は14日までに、患者同士が治療体験を語り合う「サロン」開設や患者らをカウンセラーに育成する研修など、心理面の支援に2010年度から乗り出すことを決めた。
 厚労省の推計では、B型、C型肝炎患者は計約60万人おり、長期にわたる闘病や周囲の偏見に苦悩する人も多い。厚労省は「悩みを共有し、心を開いた話をすることが精神的負担の緩和につながる」として、治療費助成などの経済的支援に加え、基本法が定める総合対策の一環と位置付ける。
 患者の精神的負担の軽減を目的とした施策には、がん患者を対象に痛みを取り除いたり、心の不安を和らげたりする緩和ケアが知られている。
 厚労省によると、支援策の一つは肝炎治療の拠点となっている各都道府県の病院への患者サロン開設。インターフェロン治療の副作用でうつ状態となる患者も多く、治療の体験談や日常生活のアドバイスなどを気軽に話し合える場を設ける。

2010/02/14 18:04   【共同通信】


肝炎対策で「患者サロン」開設へ 厚労省、心のケアに…の続きを読む

スポンサーサイト
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

■中医協 インターフェロン治療促進で、評価を新設へ

   肝炎のインターフェロン治療を促進するため、副作用に関する詳細な説明や専門医とかかりつけ医の連携などについても、来年度から新たに診療報酬上で評価する。
 インターフェロン治療を促進するため、来年度の改定で新設される「肝炎インターフェロン治療計画料」では、肝炎治療専門の医療機関がインターフェロン治療の計画を策定し、患者に詳細な説明を行った場合、1人当たり1回算定できる。施設基準は、専門的な知識を持つ医師が診断や治療方針を決める抗ウイルス療法を適切に実施できる肝がんの高危険群の同定と早期診断を適切に行える―の3点。
 さらに、専門医療機関の治療計画に沿って治療し、その医療機関に対して治療状況を情報提供した場合、月1回まで算定できる「肝炎インターフェロン治療連携加算」も新たに設ける
更新:2010/02/05 22:15   キャリアブレイン

 
■中医協 インターフェロン治療促進で、評価を新設へ…の続きを読む
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

カルテなしの救済求め、患者会結成 関西地区

 医療行為が原因で肝炎に感染したものの、カルテが存在しないなどの理由で、訴訟や特別措置法で救済されない患者と家族が30日、大阪市内で「カルテのない肝炎患者の全員救済を求める関西の会」を結成した。

 呼びかけたのは、2年前に結成された「新潟の会」の事務局長、児玉義明さん。関西の会は大阪市の桐谷絹代さんを代表に選出した。「肝炎患者への治療費や生活費の支給を国に求める」「重度の肝硬変に限られている障害者手帳の発給対象を拡大する」「患者の感染原因調査や医療記録の分析を進め、カルテなしでも裁判で救済されるようにする」などの活動に取り組む。

 今後、地方ブロックごとに同様の患者会を結成し、5月に全国連絡会にまとめ、救済策について国と交渉していく。問い合わせは、関西の会=06・6794・0868もしくは、桐谷さん=090・7110・3909。
毎日新聞20101月31日  

 
カルテなしの救済求め、患者会結成 関西地区…の続きを読む
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

悪性腫瘍 胆管細胞がん

 兄嫁の弟さんが、他界しました。病名は胆肝がん。肝内胆肝がんと肝外胆肝がんの2種類に分けられるそうです。彼の場合は肝外胆肝がん。まだ標準的な診断・治療が確立していない難しい病気です。有効な治療は外科切除しかないといわれています。彼の場合は、手遅れで肺にも転移しており外科的処置が出来ませんでした。

 昨年の9月に兄の息子の結婚式をプロデュースしてくれた時は、とても元気そうに見えたのですが...

 
悪性腫瘍 胆管細胞がん…の続きを読む
別窓 | 思いつくまま | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

健康に、美容に、癒しに...緑茶の効能とは?

 お茶が中国から日本に伝わったのは、約1200年前の奈良時代。最澄や空海など、唐に留学した僧たちが持ち帰り、薬として飲んでいた。お茶が健康にいい飲み物として一般に広がったのは、800年前の鎌倉時代から。臨済宗の開祖である栄西禅師が『喫茶養生記』で「茶は養生の仙薬なり。延齢の妙術なり」と説き、栽培を広めた。

 漠然と「健康」のイメージが持たれている緑茶。各成分の特徴、働きを見てみよう。まず、お茶の健康成分として真っ先にイメージされる「カテキン」。お茶を飲んだときに「渋み」「苦み」を感じさせる成分だ。がん予防のほか、動脈硬化、脳卒中、高血圧などの生活習慣病予防に効果がある。殺菌作用が強いため、「食後の一服」は食中毒や虫歯を防ぐ効果もある。一方、「甘み」「旨み」を感じさせる成分は、アミノ酸である「テアニン」。植物の中でも、茶葉だけに含まれている。脳神経の働きを活性化し、心身のリラックス効果もある。

 「カフェイン」は、普通の煎茶には34%程度含まれており、玉露や上級煎茶に豊富。眠気を払い、脳の働きを高め、疲労回復や気分のリフレッシュにも有効。「ビタミンC」はウイルスへの抵抗を強め、さまざまな病気を予防。疲労回復、風邪の予防、美白などの働きもある。ほか、歯を強くし、虫歯を予防する「フッ素」も含む。

 ただし、急須やボトルに茶葉を入れたまま長時間置いたものを飲むのは逆効果。昔から「宵越しのお茶は飲むな」と言われるが、お茶の葉はたんぱく質が豊富なので、水分を含んだ状態で放置すると早く腐敗が進む。また、タンニンが出すぎると胃の粘膜を荒らし、消化不良につながることも。しかし「宵越しのお茶」も捨てずに再利用できる。うがいに使えばカテキン作用で風邪を防止。洗面器などに入れて10分ほど足をつければ水虫対策にもなるようだ。

 ちなみに、昔から「緑茶で薬を飲んではいけない」とよく言われるが、なぜなのだろう。主な理由は、貧血症状に処方される鉄剤はタンニンと結合することで吸収されにくくなるため。しかし、普通の緑茶であれば必要量は吸収されるので、それほど気にすることはないらしい。また、薬も進化していて、鉄とタンニンが結合しないように工夫されているものもある。そうしたわけで、最近では特に影響がないとされ、普通の緑茶やウーロン茶で飲んでも問題ないようだ。          RECRUIT    by:将田宏行

 お茶を飲むだけで、これだけの健康効果があるのなら、飲みますよね。そればかりか貧血でもかまわないとか、お茶で薬を飲むことも問題ないのであれば、そういうことに気をつけなくても良いので、気持ちが楽ですね。

 私もインフルエンザ対策として、毎日緑茶でうがいを続けています。


別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。