ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

肝炎対策で「患者サロン」開設へ 厚労省、心のケアに

 すべてのウイルス性肝炎感染者の支援を目的とした肝炎対策基本法の1月施行を受け、厚生労働省は14日までに、患者同士が治療体験を語り合う「サロン」開設や患者らをカウンセラーに育成する研修など、心理面の支援に2010年度から乗り出すことを決めた。
 厚労省の推計では、B型、C型肝炎患者は計約60万人おり、長期にわたる闘病や周囲の偏見に苦悩する人も多い。厚労省は「悩みを共有し、心を開いた話をすることが精神的負担の緩和につながる」として、治療費助成などの経済的支援に加え、基本法が定める総合対策の一環と位置付ける。
 患者の精神的負担の軽減を目的とした施策には、がん患者を対象に痛みを取り除いたり、心の不安を和らげたりする緩和ケアが知られている。
 厚労省によると、支援策の一つは肝炎治療の拠点となっている各都道府県の病院への患者サロン開設。インターフェロン治療の副作用でうつ状態となる患者も多く、治療の体験談や日常生活のアドバイスなどを気軽に話し合える場を設ける。

2010/02/14 18:04   【共同通信】


肝炎対策で「患者サロン」開設へ 厚労省、心のケアに…の続きを読む

スポンサーサイト
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。