ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

医療者の指刺し事例報告踏まえ、「穿刺器具の取扱い」注意喚起

 厚生労働省はこのほど、各都道府県衛生主管部長などに向けて「耳朶穿刺時等の微量採血のための穿刺器具の取扱いについて」を通知した。それによると、微量採血のための穿刺器具を使って、耳朶(耳たぶ)で採血する際、針が耳たぶを貫通して耳たぶを支えていた医療従事者の指を刺したという事例が複数報告されているという。厚労省では、このような指刺しが起こると、患者・医療従事者間での血液を介した感染の恐れがあることから、器具の取り扱いなどへの注意を呼び掛けている。
 血糖値の測定時などに皮膚を穿刺する器具は、医療機関などで広く使用されている。その採血場所は指先が多いが、痛みの軽減や指先を傷つけたくないとの患者の希望などで、指先以外の部位での採血も行われている。
 通知では、耳朶などの組織が薄い部位への穿刺を行うと、組織を貫通した針で指を穿刺し、血液を介した感染の恐れがある貫通の恐れがある場合には、他の組織の厚い部位での穿刺について検討する耳朶などの組織が薄い部位への穿刺を行う場合には、穿刺部位の裏側を直接指で支えない穿刺する部位にかかわらず、採血時には針刺しや血液との接触による感染の恐れがあるため、施術者は手袋着用などの血液曝露予防の対策を取る-の4点への留意と、関係者に対する周知を呼び掛けている。
更新:2010/03/09 12:25  キャリアブレイン


  一昨年、県内の病院で採決器具の使い回しが報告され、問題となったことがありましたが、あの時に関連する器具については、既に注意喚起が行われていたと思っていました。しかし、未だにこのような注意喚起が行われているとは、徹底されてはいなかったんですね。医療従事者間でこのような事件が起きてしまうことは、とても残念なことです。これを機にもう一度感染の可能性のある器具について、徹底的に見直しを図るべきだと思いますが、どうなのでしょうか?
 


スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。