ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

肝炎患者の支援を求める署名活動


 2009年11月30日、「肝炎対策基本法」は制定され、本年1月施行されましたが、その理念や枠組みが出来たに過ぎず、この法律によって救われる肝炎患者は少ないのが現状です。特に、既に肝硬変や肝がんに進行し、精神的にも経済的にも追い込まれている患者には殆ど支援がないのです。
 日肝協はこの現状を踏まえて、本年も昨年の「肝炎対策基本法」早期制定の為の請願活動に引き続き、肝硬変・肝がん患者等の療養支援などをを求める請願書を国会に提出する為、全国キャンペーンを行なっています。
 福井県肝友会でも先週の日曜日、駅前のアオッサ周辺で街頭署名活動を行ないました。幸い天候には恵まれたのですが、4月といっても風があった為寒く、人の出入りも疎らで苦戦致しました。しかし、会員の皆さんの頑張りと熱意によって、この日は350名ほどの署名を頂きました。
 私たちが苦しんでいるこのウイルス性肝炎という病気は、殆どが国の薬事行政のミスから生じたものです。故に一部の患者だけが救われれば良いというものではありません。しかし、それぞれの立場で協力し合える署名活動のような地道な活動を続けることで、ウイルス性肝炎患者の全てが救済されるような法律に仕上げていかねばならないと思います。私も先ずは体調を整え、患者会の一員として、この問題に取り組んで行きたいと思っています。


スポンサーサイト
別窓 | 肝友会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。