ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

注射器肝炎 ”誰も語らなかった医原病の真実

 本日、札幌緑愛病院肝がん検診団・団長の川西先生より、これから肝炎問題を解決するために何をすべきかを考えていくのに大変役立つと思われる本の紹介がありました。
 日本における肝炎問題に関わってきた肝がん検診の生みの親である、美馬聰昭氏が、注射器肝炎という本を書き上げられました。当会会員の方は一読されることをお奨めいたします。先生の取り組みがとてもわかりやすく書かれていて、ウイルス性肝炎がここまで広がった理由や本質的な問題を良く理解できる本となっているそうです。

 尚、発売は5月5日とのことです。





注射器肝炎 誰も語らなかった医原病の真実
著者 美馬聰昭 出版社 桐書房
定価 1500












スポンサーサイト
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。