ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

気をつけようNASH(非アルコール性脂肪肝炎)!

 最近、ウイルス性肝炎と共に気をつけたい病気の一つとして取り上げられることが多くなった「NASH」という病気。所謂、メタボリックシンドロームの肝病変です。最近、肝硬変にまで進行した人が増え、重症肝疾患の病因として注目されています。

 ウイルス性肝炎もある程度病状が進行しないと、自覚症状が出ませんが、肝硬変まで進んでしまうと、肝臓がんまで合併してしまう怖い病気です。「NASH」となった人の多くは生活習慣の誤り(暴飲暴食や運動不足)からくる肥満が原因とされています。
 身体は太っているように見えなくても、肝臓のまわりにはたっぷりと脂肪の層が出来ているというような、そんな人もいるので要注意です。何十年後には、B・C型のウイルス性肝炎より問題になっているかもしれません。

 ということは、私のようなウイルス性肝炎患者が「NASH」になったら、大変ですね。注意しなくては。若し肝硬変まで進んでいるとしたら、命を縮めてしまうことになってしまうかもしれません。
 この病気になってしまったら、とにかくダイエットして体重を減らすことを考えなくてはいけない。しかし、めったやたらにしてしまうとその弊害が出るのも困るので、専門医の診断を受け、指導してもらう方が良いようです。油分控え目、野菜中心の食生活が基本となるのですかね。それと適度な運動が必要なんでしょうね。ウオーキングが良いってことは聞いた事があります。
 でも暴飲暴食はしていませんが、結構いい加減な食生活をしているので気をつけたいと思います。


スポンサーサイト
別窓 | 思いつくまま | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。