ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

<B型肝炎>救済の枠組み閣議決定 7000億円増税

 政府は29日、B型肝炎訴訟の和解金の財源について、臨時増税で7000億円を賄うことなどを定めた「全体解決の枠組みに関する基本方針」を閣議決定した。増税の税目については8月以降に開かれる政府税制調査会で議論するが、国民全体で広く負担を分かち合う観点から所得税が有力視されている。
 厚生労働省は、当初5年間で必要な和解金や定期検査代などの費用を1兆1000億円と推計。このうち、現在の患者に支払う8000億円分について、臨時増税の7000億円と厚労省予算の見直しで1000億円を捻出。残り3000億円は未発症者への支払いに充てられるが、感染を自覚していない人も多いことから請求状況を見ながら財源を確保する。

 厚労省は、集団予防接種の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染した被害者を最大約45万人、今後30年間で必要な和解金などの費用を3兆2000億円と推計している。
 救済対象者は、原告・弁護団と国が6月に調印した和解の基本合意書に基づき裁判所が認定。発症者(死者も含む)に1250万~3600万円、未発症者には50万円(感染20年未満は600万円)、発症から20年以上たった慢性肝炎の人には150万~300万円を支払う。【佐々木洋】

毎日新聞
7月29()11時45分配信


 
<B型肝炎>救済の枠組み閣議決定 7000億円増税…の続きを読む

スポンサーサイト
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

B型肝炎訴訟:福井の男性、新たに提訴 

 乳幼児期の集団予防接種で注射器の使い回しを放置した国の責任が問われている全国B型肝炎訴訟で、慢性肝炎を患っている福井市の50代男性患者が20日、国に損害賠償を求め金沢地裁に追加提訴した。

 富山県内の男性患者も提訴し、これで同地裁に提訴した原告は県内の3人を含め、北陸3県で23人となった。
 全国では同日、2人以外に患者159人が9地裁に提訴した。

 同訴訟をめぐっては、国と原告・弁護団が6月に基本合意書を交わし、和解金として国が発症者に最大3,600万円、未発症者に50万をしはらうことになっている。金沢地裁でも和解手続きに入ることを双方が確認している。

 同訴訟の北陸弁護団は同日福井市内で記者会見し、追加提訴した福井市の50代男性の「長年苦しい思いをしてきた。個々の患者の一刻も早い具体的な救済を切望する」とのコメントを発表した。

 同弁護団は感染者の無料電話相談(平日午前9時~午後5時15分)を受け付けている。問い合わせは泉法律事務所
0776(30)1371.福井新聞7月21日


B型肝炎訴訟:福井の男性、新たに提訴 …の続きを読む
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「あなたの肝臓大丈夫?」県民公開講座

 B型・C型肝炎を考える肝臓病の県民公開講座「あなたの肝臓は大丈夫?」が7月16日、福井新聞社・風の森ホールで開かれた。福井県の拠点病院でもある「県済生会病院」と「福井新聞社」の共同主催により開催されました。当日は、200名が受講し、ウイルス性肝炎の基礎知識から最新医療、更には早期検診、早期治療の大切さを学びました。
 C型肝炎について県済生会病院の野ツ俣和夫内科部長は、「7割以上が慢性化するが、早期にインターフェロン治療などを受ければ、肝がんなど発生は抑えられる」と早期治療の重要性を訴え、脂肪感を防ぐための体重コントロールも不可欠とした。
 又、副作用でインターフェロンが使えない患者には、完治率の高い服用薬の研究が進んでいることを紹介し、「将来は治る病気になる」と話されました、
 金沢大学附属病院光学医療診療部の酒井明人准教授はB型肝炎について、肝硬変、肝がんに進行するのは15%程度とする一方、自己判断による薬の服用中止の危険性を訴えた。
福井大医学部第二内科の中本安成教授を座長に、野ツ俣部長、酒井准教授、県健康増進課の中田勝己課長によるパネル討論は、事前に寄せられた質問に答える形で進んだ。▽陰性と診断されても定期的に検診を受けてほしい▽血液からの感染を防止するためカミソリや歯ブラシなどの使い回しはやめてほしい-などとアドバイスしていた。全国のウイルス性肝炎の持続感染者は、B型が110万~140万人、C型が200万~240万人と推定され、無自覚のまま肝硬変や肝がんに進行するケースが多いという。
 県済生会病院は県の肝疾患診療連携拠点病院に指定されている

福井新聞2011年7月17日


「あなたの肝臓大丈夫?」県民公開講座…の続きを読む
別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

がん抑制遺伝子に肝臓硬くする働き 阪大など発見

 がんを抑制することで知られる遺伝子p53が、肝炎や肝硬変の原因になっていることを、大阪大などのグループが明らかにした。p53は体中にあり、がん化した細胞を攻撃してくれる一方、肝臓で活性化し過ぎると、細胞を硬くしてしまう物質が多く現れていた。治療が難しい肝硬変を治したり、進行を抑えたりできるようになる可能性がある。
 大阪大大学院医学系研究科の小玉尚宏研究員らは、肝臓で働くp53が多いマウスと少ないマウスをつくって比較した。p53が多いマウスは生後6週間で、すでに肝臓が硬くなり機能が落ちる「線維化」が進んでいた。ヒトの肝細胞でも、重い肝硬変の細胞ほどp53が多く活性化していた。肝炎ウイルスやアルコールの刺激でp53が活性化されると、CTGFというたんぱく質が多く現れるらしい。このたんぱく質は傷を治したり、軟骨をつくったりするのに欠かせないが、増え過ぎると細胞を硬くしてしまう。同研究科の竹原徹郎教授は「p53の発生をコントロールして線維化が抑えられれば、肝硬変の治療ができるようになるかもしれない」と話している。

ASAHI.COM 2011年7月14


がん抑制遺伝子に肝臓硬くする働き 阪大など発見…の続きを読む

別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

未だ救済されない肝炎患者の支援

福井県内の患者会は、薬害肝炎被害者、集団予防接種や輸血による感染者、不潔な注射針・器を使用したことによる感染者など、多くのウイルス性肝炎患者の苦しみと願いを基に、「肝炎対策基本法」の早期制定、肝硬変・肝がん患者の療養支援を求める請願など、ウイルス性肝炎患者の救済活動に微力ながら取り組んで参りました。
 2008年1月には薬害C型肝炎の患者を一律救済するための「薬害肝炎被害者救済特別措置法」が成立、2011年6月には、集団予防接種によるB型肝炎訴訟について、国の責任を認め和解が成立し、一応の決着がつけられようとしています。しかし、未だカルテなどの証拠書類がなく裁判に進めないウイルス性(B・C型)肝炎患者は放置されたままです。証拠のあるなしで切り捨てられる問題ではありません。何故ならこれらの患者さんも国の責に帰すべく事由によってもたらされた医原病の被害者なのです。「同じ被害で救済に差が出る」という単純な理不尽を、政治はどうして是正できないのでしょう。
 B・C型肝炎患者は全国に350万人、県内にも約3万人近くの患者さん(推定)がいると言われています。感染防止対策を怠ったとして国に賠償を求めた訴訟も各地で起こされていますが、患者の大半はカルテや母子手帳がなく感染を証明できておりません。



未だ救済されない肝炎患者の支援…の続きを読む

別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「水平照射」で前立腺がん治療開始 県立病院陽子線センター

福井県立病院陽子線がん治療センター福井市四ツ井2丁目)は6日、前立腺がんを対象に水平方向から陽子線を照射する「治療室1(水平照射室)」での治療を開始した。3治療室のうち2室が稼働したことになり、1日に受け入れ可能な患者は2室で計35~45人程度に倍増した。
 同センターは3月7日、360度どの角度からも陽子線を照射できる「回転ガントリー」を備えた「治療室2」1室で治療を開始。受け入れ可能な人数は1日15~20人程度だった。5日までに20人が治療を受け、うち17人が治療を終えている。
 治療室1は照射装置が固定されており、主に前立腺がんが対象。装置の調整や技師の訓練が終わったことからこの日、治療を始めた。県内の60~70代患者4人が事前に体に合った固定具などを準備し、1回目の照射を受けた。今後2カ月弱かけ、毎日1回計37回の照射を行う。治療費は260万円で、県内患者は25万円の減免措置がある。
 「治療室3」は、がん病巣の断層画像を活用し、より正確に照射できる「積層原体照射システム」などを構築中。2013年度中の治療開始を目指している。
(福井新聞201176日午後525分)

「水平照射」で前立腺がん治療開始 県立病院陽子線センター…の続きを読む
別窓 | 思いつくまま | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

菅首相のブログの注目記事

 菅首相のブログが配信されてました。以下、ブログの注目すべき記事です。

 先日、B型肝炎訴訟の原告団の皆さんと対面し謝罪をさせていただいた際、患者さんから、B型肝炎が治癒できる薬などの開発を強く求められ、早速その場で、厚生労働大臣に指示を出しました。


 こうした事を迅速に前に進めるには、とにかく《実務を動かし始める》ことが大切です。そこで今日、医師でもある岡本充功・厚労大臣政務官を総理執務室に呼び、研究の方向性について説明を受け、協議しました。

 今取り組んでいる「肝炎研究7ヵ年戦略」などの事業費は、今年度予算規模で20億円程度です。もっとこの分野に予算をつけることで、肝炎治療の研究が進展し、B型肝炎が治療できるようになれば、患者さんにとってそれが最も望ましいことは言うまでもありません。

 しかもこの措置は、やや長い目で見れば、国の財政難という現実と、対立はしないと考えます。治療の進歩によって発症や悪化が減れば、国費による患者さんへの和解金等(厚労省の推計では、今後30年間で総額最大3.2兆円)も、トータルで少なく抑えられることになります。しっかり肝炎治療の研究費を増やすよう、関係者に指示しておきました。

 「“スタートライン”という言葉を実際の行動に表すことが、今日からの国の務め」だと、一昨日のブログで書きました。今、そこから1歩を踏み出したところです。

先を見すえて/菅直人直筆のページ
  2011.07.01 Friday 21:19


菅首相のブログの注目記事…の続きを読む
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

C型慢性肝炎治療薬「ペガシス・コペガス併用療法」が「C型代償性肝硬変」に対する効能・効果の追加承認を取得しました。

中外製薬株式会社は、「C型慢性肝炎におけるウイルス血症の改善」を効能・効果として販売を行っているC型慢性肝炎治療薬「ペガシス> 皮下注90mg」(一般名:ペグインターフェロン アルファ2a(遺伝子組換え))(以下、「ペガシス」)と、抗ウイルス剤「コペガス 200mg」(一般名:リバビリン)(以下、「コペガス」)との併用による、「C型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」の効能・効果追加の承認を取得したことをお知らせいたします。  
今回の承認申請は、
C型代償性肝硬変の患者さんを対象として実施した国内第Ⅱ/Ⅲ相試験に基づいています。本試験は無作為化部分盲検並行群間比較試験として実施し、無治療観察の患者さんとの比較において「ペガシス」と「コペガス」との併用療法による有効性、安全性が確認されたことから、201010月、厚生労働省に効能・効果追加の承認申請を行いました。

C型代償性肝硬変は、C型肝炎ウイルスの感染により引き起こされる肝臓の慢性的な炎症が長い経過の中で徐々に進行し、最終的に肝不全・肝細胞がんに至る重篤な転帰をたどる疾患です。現在、C型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善に対する治療法は、国内では週3回投与のインターフェロン単独療法のみであり、ジェノタイプ1型で、かつ高ウイルス量(500KIU/mL以上)の患者さんについては抗ウイルス治療が認められておらず、新たな治療の選択肢が求められていました。

 今回、ジェノタイプ、ウイルス量に関係なく有効性が確認され、また、週
1回投与のペグインターフェロンとリバビリンとの併用療法が可能となることから、患者さんの肉体的・精神的負担が軽減されるものと期待しています。          2011年7月1日


C型慢性肝炎治療薬「ペガシス・コペガス併用療法」が「C型代償性肝硬変」に対する効能・効果の追加承認を取得しました。…の続きを読む
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。