ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

「水平照射」で前立腺がん治療開始 県立病院陽子線センター

福井県立病院陽子線がん治療センター福井市四ツ井2丁目)は6日、前立腺がんを対象に水平方向から陽子線を照射する「治療室1(水平照射室)」での治療を開始した。3治療室のうち2室が稼働したことになり、1日に受け入れ可能な患者は2室で計35~45人程度に倍増した。
 同センターは3月7日、360度どの角度からも陽子線を照射できる「回転ガントリー」を備えた「治療室2」1室で治療を開始。受け入れ可能な人数は1日15~20人程度だった。5日までに20人が治療を受け、うち17人が治療を終えている。
 治療室1は照射装置が固定されており、主に前立腺がんが対象。装置の調整や技師の訓練が終わったことからこの日、治療を始めた。県内の60~70代患者4人が事前に体に合った固定具などを準備し、1回目の照射を受けた。今後2カ月弱かけ、毎日1回計37回の照射を行う。治療費は260万円で、県内患者は25万円の減免措置がある。
 「治療室3」は、がん病巣の断層画像を活用し、より正確に照射できる「積層原体照射システム」などを構築中。2013年度中の治療開始を目指している。
(福井新聞201176日午後525分)

「水平照射」で前立腺がん治療開始 県立病院陽子線センター…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 思いつくまま | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。