ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

「がんの練習帳」を読んで

今日は、一冊の本をご紹介したいと思います。
「がんの練習帳」という本です。東大病院放射線科中川恵一准教授の書かれた本で、「がん」について専門的になり過ぎず、私たちのような一般人にも分かり易く書かれていて、すんなりと読むことが出来ました。
 日本人の多くは「がん」、という言葉を聞いただけで恐れおののいてしまう。何故でしょう?
 日本では「がん」が死因のトップになったことで、死のイメージが強く、「がん」になってしまったら助からないと思
う方が。多いからだと言われています。
 中川先生によれば、日本人の2人に人は「がん」になり、日本人の3人に1人は「がん」で死ぬ。、「がん」発病の3分の1が運、残りの3分の1は喫煙で、あとの3分の1はたばこ以外の生活習慣が原因だそうです。
 
著 者:中川恵一
発 行:新潮社
判 型:新書
定 価:735円
どんなに良い生活習慣を実践していても「がん」にかかってしまう危険性はあるのです。そう考えれば少し気が楽ではありませんか。かといって生活習慣がどうであろうと構わないということではありませんが
 
だからこそ「がん」に対する予防策や告知された時の心構えを知って、更にセカンドオピニオンを利用し、自分で治療法を選べるようになることが重要なんだと思います。


「がんの練習帳」を読んで…の続きを読む

スポンサーサイト
別窓 | 思いつくまま | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。