ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

B型慢性肝炎の新規治療、医療費を助成- 肝炎治療戦略会議

 厚生労働省の「肝炎治療戦略会議」(座長=林紀夫・関西労災病院長)」は98日の会合で、新たに薬事承認が了承されたB型慢性活動性肝炎に対するペグインターフェロン療法について、医療費助成制度の対象とすべきとの意見で一致した。これを受け、同省は今月中にも見込まれる正式承認を待って助成を開始する方針。
 B型慢性肝炎に対するペグインターフェロン療法は、826日の薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会で承認が了承された。この日確認した助成方針では、HBV-DNA(B型肝炎ウイルス核酸)陽性の慢性活動性肝炎で、肝がんを合併していない患者が対象。助成期間は1年以内(48週投与)、助成回数は1回とする。過去にインターフェロン治療の医療費助成を受けた患者も対象に含める。

■治療薬開発へ新たな「10カ年戦略」
 会合ではこのほか、「肝炎研究7カ年戦略」(200814年度)についても、中間年度に当たって見直しを検討。B型肝炎の発症を抑える治療薬の開発を長期戦略に盛り込むため、来年度からの新たな「10カ年戦略」として設定し直すことを了承した。
 B型肝炎の新規治療薬については、今年6月のB型肝炎訴訟に関する基本合意書締結の際、菅直人前首相が、開発に向けた研究の推進を細川律夫前厚労相に指示していた。
 これを受け、この日の会合では事務局側が、現行の7カ年戦略から、12年度を初年度とする長期戦略に切り替える案を提示。委員からは、「肝炎治療はこの数年で大きく変わる。新たにスタートする形でよいのではないか」「研究戦略は10年くらいの長期を見据えるべきだ」などの意見が出され、再設定に同意した。研究課題については、7カ年戦略前半の成果や治療薬の開発状況などを踏まえ、整理することとした。
 事務局側は、次回会合で10カ年戦略案を示す方針。また、8月下旬に薬事承認が了承された、C型慢性肝炎に対するプロテアーゼ阻害剤を含む3剤併用療法への医療費助成についても検討する予定だ。 20110908 18:08 キャリアブレイン)


B型慢性肝炎の新規治療、医療費を助成- 肝炎治療戦略会議…の続きを読む

スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。