ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

臓器移植・骨髄移植を考える県民の集い

 県は、移植医療に対する県民の理解をより一層深めるため、10月の臓器移植普及推進月間、骨髄バンク普及月間において、臓器移植・骨髄移植について考える契機とするとともに、広く提供への理解を呼び掛けることを目的として毎年県民の集いを開催している。

 先ず、はじめに臓器移植や骨髄移植のしくみについての詳しい解説がありました。

 続いて、(社)日本臓器移植ネットワークの朝井朋子さんの基調講演「知っていますか?究極のボランティア ~なくなった後の臓器提供~」がありました。その後講演された愛知県の内海十朗さんの講演が印象的でした。

7年前に交通事故で当時36歳の長男を亡くし、腎臓と角膜の提供に同意されました。内海さんは、臓器提供の同意について、「一筋の光を求めてどこかで生き続け何かを残してやりたいという気持ちで承諾したとして、家族は後悔していない」と当時の心境を語りました。

 また、臓器提供者が増えるような環境整備を進め、提供した家族に対しても精神面のケアなど「暖かい光を当ててほしい」と訴えておられました。 今尚、臓器提供者の理解を求めるため、全国で講演を続けておられる内海さんに感銘しました。

 全国には、臓器不全や血液の病気で苦しむ多くの患者さんがいる。臓器を取り換えることが唯一の救命方法として、患者は大きな希望を持って、移植の機会を待っている。一人でも多くの方が救命されるには、社会全体で臓器移植や骨髄移植について理解して頂くことが重要になってくる。毎年行われているこの催事が、一人でも多くの方が自分の提供意思を明らかに示すきっかけとなり、命の尊厳について考えるいい機会になってくれればと思います。


スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。