ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

苦しむB型肝炎患者 救済の速度もっと早めよ

  わが国では、平成23年5月16日に策定された「肝炎対策基本指針」に基づいて、肝炎対策の総合的な推進を図ることになっています。しかし、その現状はあまりにもお粗末と言わざるを得ない。B型肝炎訴訟は、昨年6月28日に国が感染被害者を一律に救済することで和解基本合意が成立しました。その後1年が経過しても、和解が成立したのはその1割にも満たない現状です。このままいけば5年間という提訴期限の間に和解までたどり着けるのは5万~10万人と言われる救済対象者のうち、かなりの方が取り残される結果となってしまうのではないだろうか。

 最近、新聞の社説や論説にB型肝炎訴訟に関する記事を目にする機会が多くなっている。私の住む福井に於いても福井新聞の論説に記事が掲載されていたのでご紹介したいと思います。世界肝炎デーを前に、肝炎患者の苦悩を理解し、国民全体の問題としてこの問題を考えてみる良いチャンスではないでしょうか。


 

スポンサーサイト
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。