ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

肝炎治療の助成利用伸びず、受給要件を緩和 09年度から厚労省

昨年4月に始まった肝炎患者へのインターフェロン治療費助成制度の利用が伸び悩んでいる。厚生労働省は年間10万人の助成を見込んだが、昨年8月までの受給者は約2万2000人と目標の4分の1以下。患者からは「所得制限が厳しい」との批判が強く、同省は来年度から所得などの要件を緩和することを決めた。
 抗ウイルス薬「インターフェロン」治療はB型、C型肝炎に有効で根治できる場合もある。ただ約1年間にわたって月約7万円を自己負担する必要があり、治療をあきらめる患者もいた。今年度導入された助成制度は世帯所得に応じて、負担上限を月1万―5万円に軽減。年間約5万人いた治療者数を約10万人に倍増させ、7年計画で患者をゼロにする目標を掲げている。
2009年1月26日 日本経済新聞 朝刊


 当然の結果ではあるが、具体的な文言が出てくるまでは、評価できない。

 インターフェロンの助成の収入については、家族全員の所得が合算ではなく、本人所得にするべきだろう。本当に7年後に患者をゼロにするつもりなら、治療期間を1年間と限定しないで、治療標準を72週とするぐらいの具体的な内容表示をして欲しいものだ。

スポンサーサイト

別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<未承認薬、大病院の6割が使用 | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |  毎日寒い日が続きます。>>

この記事のコメント

 お疲れ様です。今夜も夜7時ー8時まで妻と親父の入院する病院へ行って来ました。集中治療室ですが、医師の話だと・・一時的ペースメーカーで押さえ込み、人工心肺も抜去出来る状態になったとか・・ただし抜去した後、ショック状態、再挿入、死亡もありえる言われました・ 1/27書き:修善寺由緒ある新井旅館から老人ホームへ出向してる最中に当時の彼女がコチラ静岡に・・【彼女が実家:静岡まで来てくれたっけ】。遠距離恋愛じみてました当時:【サラリーマン編】 、今回は、実際写真彼女と自分の買った中古車写真を貼りました。存分に楽しんで見て下さい。 <m(__)m>コメント等いただけたら幸いです。 遊びに来て下さい。待ってますです。
2009-01-28 Wed 01:00 | URL | 智太郎 #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。