ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

体調を整えるのは難しい。

 今年に入って、治療の副作用に少し慣れてきたのか、身体が少し楽になって動けるようになっていたのですが、今週はいつもの調子に戻ってしまったようです。同じ治療を続けているのに何故、こんなにも変わってしまうのでしょう。血液検査の結果も貧血以外はあまり変化がないのですが、グダーとなって、熱もそれほどの熱ではないのに全身がだるく、直ぐに眠ってしまいます。今週は特に痒みがひどく、全身をかきむしりたくなります。相変わらず咳もひどく、胸が苦しくなってしまいます。体調を整えるのは難しい。
 ウイルス検査の方は、殆ど動いていません。現在の値はタックマン方式で、2.6です。3か月前の数字が2.8だったので、変化なしに等しい状況です。
 今週15日には、本年2回目の医療相談会を行う予定で準備を進めていますが、会員の皆様にご迷惑をかけてしまうことのないよう頑張りたいと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 闘病記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<「肝炎対策基本法」早期制定に向け陳情書提出 | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | ''岐路に立つ渡航移植''>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。