ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

骨髄細胞で肝硬変改善機能を再生、副作用なし

  以前、NHKのクローズアップ現代でも取り上げられたことのある治療法です。
 国内で約30万人の患者がいるとされる肝硬変は根治につながる治療法がなく、肝臓がんに進行する場合が多い病気である。山口大の坂井田功教授(消化器内科)らは患者自身の骨髄細胞を使い、肝機能を再生させる治療に取り組んでいる。
 臨床研究として22人に実施し、ほぼ全員に何らかの効果を確認。肝臓の線維化が消え去り、副作用も見られず、自分の骨髄を使うので拒絶も出ないという本当に夢のような治療法である。
 
全身麻酔をかけ患者から骨髄液約400ミリリットルを採取。洗浄、濃縮した後に、点滴と同じように腕の静脈から投与する。麻酔から点滴まで半日もあれば終わるそうです。
 新しい治療を受けたある患者は肝機能が回復したことで、それまで強い副作用のため使えなかったのに、C型肝炎治療薬のインターフェロンを使えるようになり、肝炎ウイルスが完全に消えたそうです。素晴らしいことですね。ウイルス性肝炎患者で既に肝硬変に進行しているものや最新の治療を受けてもウイルスが消えない者にとって、救いの神となる治療法かもしれません。
 ただし、なぜ骨髄細胞が肝硬変に効果があるのか、根本的な仕組みは分かっておらず、問題がない訳ではないので、まだまだ時間がかかりそうです。

 坂井田教授は近く、医療費の一部が負担される国の先進医療に認められるよう申請する予定だそうです。

一日も早くこの治療法の完成を待ちたいと思います。
 

 

スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<45回目のペグ打ちました。 | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | 肝炎治療助成:申請数伸びず、想定の3割>>

この記事のコメント

 お疲れ様です。 3/10書き:静岡県修善寺町の由緒ある新井旅館で、社長から依頼の新規事業の立ち上げ話で【人間 働いて 強くなる!】・・【サラリーマン編】 今回も、・ニャンコ泣き顏?画像・面白い:「笑うセールスマンアニメ面白画像」写真や自分が気合を入れる為に飲んだ!「納豆ドリンク」写真!等を存分に楽しんで見て下さい。 <m(__)m> コメント等いただけたら幸いです。 遊びに寄ってやって下さいね。待ってますです。その際に、「脳・神経・脊髄」「理系大学」「病気ブログ」「サラリーマン」ランキングをプチプチッとしていただけたら_(._.)_感謝です。POWERを自分に下さい!尚、時あれば、自分の【学生編】当過去ブログにも、当時の写真・面白い・可愛い・画像・動画ありますので、楽しんで見てやって下さい。 
2009-03-10 Tue 18:03 | URL | 智太郎 #Cv7CRq2s[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。