ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

薬害肝炎、治療方針根拠に和解  カルテなく

 薬害C型肝炎訴訟で、カルテがなく、医師の当時の治療方針を根拠に汚染された血液製剤の投与を証明した大阪府在住の40代女性と国との和解が23日、大阪地裁(深見敏正裁判長)で成立した。

 弁護団によると、カルテのない原告は現在、全国で約90人いる。投与の証明が難しい中、医師の治療方針で投与を認定したのは初めて。

 女性は、1988年に出産した際に大量出血。分娩台帳には「弛緩性出血、輸血10本」と記載があり、出張尋問で主治医が「出血量が中量(500ミリリットル)以上の場合はフィブリノゲン製剤を使用した可能性が非常に高い」と証言した。

 記者会見で大阪弁護団の山西美明事務局長は、今回の和解について「カルテがない患者を救う武器になる。血液製剤を使用した医師に協力をお願いしたい」と話した。

 大阪地裁では23日、この女性のほか、「フィブリン糊」の投与で感染した4人を含む27人の和解が成立した。

【共同通信】2009年323
 
 
薬害肝炎訴訟において、新しい展開が開けてきた。フィブリン糊投与による感染患者の和解が成立したばかりだが、今回は、カルテなき薬害肝炎患者が、医師の当時の治療方針を根拠に和解が成立したというのです。
 国の方針が変わってきているなら、カルテなき薬害肝炎患者には希望が持てることになり、本当に喜ばしいことです。カルテがないため、治療方針で認定を求めている原告は71人、今後も国側が、医師の証言で和解に応じるのか見守っていきたい。
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<田辺三菱、アルブミン製剤を自主回収 | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | 肝がんリスク、肥満は2倍以上>>

この記事のコメント

来週から・・自分の居る静岡県東部から川崎市(現場)へ短期か長期(来年2月)まで出張しますやん?土日か日帰宅したら返信等しますけん!遅れてもすいませんですわ・・(>_<")・・さて、続きですが・・学科試験終了後・・「メイちゃんの執事」でも撮影された「虹の郷」へ行った帰りに寄った蛭ヶ小島で彼女であるmakiちゃんと結婚について語り合った記事です。・・【サラリーマン編】 今回は、「源頼朝と北条政子縁結び記念碑」でmakiちゃんと撮った写真多く等々を存分に楽しんで見て下さい。 <m(__)m> コメント等いただけたら幸いです。 遊びに寄ってやって下さいね。待ってますです。
2009-03-26 Thu 14:27 | URL | 智太郎 #Cv7CRq2s[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。