ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

署名活動ご協力ありがとうございました。

 「肝炎対策基本法」を早期に実現させる為に取り組んでおりました署名活動は、引き続き行っておりますが、日肝協へとりあえず4月20日までに集まった分を送付する為、集計を行いました。その結果街頭署名活動分や個人、団体にお願いした分など、3000筆を超える署名を集めることが出来ました。特に大野肝炎希望の会は、1団体で全署名の半分の数を集められました。会員の皆様の地道な努力があってのことと思いますが、会員数の少ない大野や勝山の肝友会が頑張っておられるのに、会員数の1番多い福井の肝友会は何をしてるんだとお叱りを受けそうです。
 しかし、みんなそれぞれ頑張っての結果なので、本当にご苦労様でしたと感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

 
今日、13回目のウイルス検査の結果を貰って来ました。結果は、タックマン式で3.00と上昇しておりました。
 副作用と闘いながら、辛くてもインターフェロンの量を落とさず耐えているのに、目の前に現実としての結果を見ると、同じ治療を続けているのに減少するどころか増加するなんてと思わず茫然としてしまいました。結果に一喜一憂しては駄目だとよく言われますが、やはりショックです。せめて減らなくても増加しなければ良しと出来るのですが、このまま増加して行くのかと思えばものすごく不安です。
 このままだと愚痴ばかりになりそうなので、この辺でやめますが、2度目の治療を受ける前に相当の覚悟をして臨んだ筈なのに、このていたらくです。意気地のない自分が恥ずかしく思えます。家内を始めとして多くの方の助力で命を繋いでいるというのに実に情けない。気持ちを切り替えなければと思うのですが...
 
スポンサーサイト
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<肝炎医療講演会:「患者には時間が…」 | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | がんペプチドワクチン療法>>

この記事のコメント

みなさんがんばっていますねえ。こちらもがんばらないと。
検査結果上下するのは気になるところでしょうが、上昇し続けなければ誤差みたいな場合も多いので、様子を見てくださいね。是非みなさんにお会いしたいです。ペグリバさんが元気になればなるほどいいことがいっぱい起きそうです。
2009-04-26 Sun 07:16 | URL | Kawanishi #Xysd5fB2[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。