ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

C型肝炎の被害者からヒアリング

 薬害肝炎をめぐる厚労省の対応には、本当にあきれてしまいます。このような事件を引き起こしたという自覚や反省はあるのでしょうか?
 国は国民の安全のために為すべきことを為さなかった行政の不作為によって、このような薬害という大事件を引き起こしたのです。患者の中には病状が進んで待ったなしの状態の方もいるのに、何としても早く助けなければという誠意というものが全く感じられません。厚生労働省の地下倉庫で見つかったあの418人の問題のリストのときもそうでした。個人を特定できる情報が多数リストに含まれていて、告知しようと思えば告知出来たのにそれをするどころか長い間地下倉庫に放置していたのです。無責任としか言いようがありません。こんな感覚で今も同じような事を繰り返しているのかと言いたくなります。今年初めてという薬害肝炎検討委の実行委員会。皆さんいろいろとお忙しいとは思います。毎日やりなさいとは言いませんが、必死さを見せてほしいと思います。以下にニュースの全文を記します。貴方はどう思いますか。


 


 厚生労働省の「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」(座長=寺野彰・獨協医科大学長)は5月27日、今年度初となる第13回会合を開き、C型肝炎の東京原告団の被害者2人からヒアリングを行った。被害者らは「こんな理不尽なことで死んでたまるか」「なぜこんなつらい人生を送らなければならないのか」と、薬に翻弄された人生を切実に訴えた。検討委では今後、4月に取りまとめた第一次提言を踏まえ、提言で積み残された医薬品行政組織の見直し案や第三者監視機関などについて、具体的な内容を検討する方針だ。ヒアリングを行った被害者は、28年前の脳外科手術でクリスマシンを投与された男性と、22年前の出産時にフィブリノゲン製剤を投与され、その後に第2子も母子感染した女性。男性は1995年、病院から呼び出されてHIV検査を受けたが、医師から肝機能については特に言われなかったため、5年後に足を骨折した際の血液検査で感染を知った時には、投与から18年が過ぎており、既に症状は慢性化していた。男性は「最も大切な治療時期に感染が分からなかった。この時に知らせてくれたら…」と悔しさをにじませた。 一方、87年の出産で止血剤としてフィブリノゲン製剤を投与された女性は、事前に医師が製剤のロット番号を確かめていたにもかかわらず感染に至ったことを明かし、「人体実験をされたような気持ちだ」と声を荒げた。女性は第2子出産時にも、母子感染の可能性の低さを医師から説明されていたが、産後の検査で感染が発覚。その数年後には夫に先立たれ、経済的な事情などから「インターフェロンを打ちたくても打てない」と涙ながらに訴え、副作用が少ない新薬の開発を強く求めた。

 被害者からのヒアリングを聞いた寺野座長は、「(被害者が)治療を行える環境にあるかということも重要な問題だ。この委員会の範囲を超えているかもしれないが、個々の救済も考える必要があるとつくづく感じた」と述べた。

 ヒアリング終了後には、提言で積み残しとなっていた医薬品行政組織の見直し案の議論の方向性について意見交換した。組織案としては、承認審査、安全対策、副作用被害救済などの業務について、一括して厚労省医薬食品局(別の組織もあり得る)が行い、審議会が厚労相に答申する(A案の「公務員型」)一括して独立行政法人「医薬品医療機器総合機構(PMDA)」が行い、同機構が厚労相に答申する(B案の「非公務員型」)―の主に2つがあり、いずれも「最終的に大臣が全責任を負う」としている。委員からは非公務員型について、職員の権限や国の賠償責任、運営資金などに関して問題提起する意見が出た。 次回の会合は625日に開かれ、有識者からヒアリングを行う予定。厚労省では、第一次提言についても、近く国民の意見を求める方針だ。(医療介護情報 CBニュース 5月27日)



スポンサーサイト
別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<重い肝障害には障害者手帳厚労省、3万-5万人対象 | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | 肝癌撲滅のために!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。