ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ヨーグルト摂取で風邪に効果

 乳酸菌「1073R-1」を使ったヨーグルトを摂取すると、ウイルス感染した細胞を攻撃するナチュラルキラー(NK)細胞の働きを活発にし、インフルエンザウイルスの増殖を抑えることが15日、東京都内で開かれたセミナーで報告された。北里大などによるマウス実験の結果で、このヨーグルトを食べると風邪をひく危険性も半減したという。
 研究チームは、1073R-1のヨーグルトをマウスに4週間与えたところ、NK細胞の働きがより活発になった。この乳酸菌が作る多糖体(EPS)を3週間与えても同様だった。ヨーグルトやEPSを食べさせたマウスにインフルエンザウイルスを感染させたところ、感染力のある肺の中のウイルス量が減った。さらに山形と佐賀県内の60歳以上の72人に、このヨーグルトを8週間と12週間食べてもらい、食べなかった70人と比べたところ食べた人は風邪をひく危険性が半減した。北里大の山田陽城教授は「乳酸菌も粘膜免疫系などの活性化に働くなどして健康維持にかかわると推定される」と指摘した。
 毎日新聞:2009年10月15日 22:00分


 インフルエンザ予防に朗報です。昔から免疫機構の80%が腸内で造られると言われており、乳酸菌を摂取することが免疫力を上げるのに効果的であると指摘されておりました。私も昔から乳酸菌は身体に良いものと認識し、もう10年以上飲み続けております。そのせいかどうか分かりませんが、肺や気管支に欠陥を持ち、尚且つ免疫を抑制しており、更にはインフルエンザの予防接種すら受けたことがないにも拘らず、インフルエンザや風邪には罹ったことがありません。病を患っている分、身体大事に無理をしていないせいかもしれませんが、確かにおなかには良いようですし、免疫力がアップして風邪などにも有効なのだろうと思います。
 体質にもよりますし、生活パターンもあると思うので、全ての人に効くとは思いませんが、免疫力を落としている方には、効果的だと思われます。
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<川西医師医療講演会大好評! | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | インターフェロン助成、自己負担額軽減を検討へ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。