ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

肝炎患者救済法案、臨時国会で可決も…山岡国対委員長

 民主党の山岡賢次国会対策委員長は30日、肝炎患者らが成立を求めている患者救済のための基本法案について、「各党の意見が一致すれば、委員長提案ということで、今国会中に提出して可決される可能性は大いにある」と述べた。国会内で記者団に語った
 同法案は、政権交代前に与野党がそれぞれ提出していたが、衆院解散でいずれも廃案になった。
                        20091031日 読売新聞)

 委員長提案されれば、自民党・公明党など野党も今回は賛成に回ると言われています。是非現実となって欲しいと思います。山口代表を始めとする薬害原告団の皆様、本当にごくろうさまです。一刻も早く鳩山総理との面会が実現することを願っております。
スポンサーサイト

別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<肝炎対策法案:今国会提出へ | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | 肝炎対策基本法>肝炎患者、厚労相に支援法制定を要請>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。