ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

生体肝移植:4割近くが死亡 東京医科大センターで手術

 東京医科大八王子医療センター(東京都八王子市)で00年10月~07年4月に生体肝移植手術を受けた患者52人のうち、4割近い20人が退院できないまま死亡していたことが2日、分かった。同センターは「入院中に亡くなった場合、手術と死亡との因果関係が疑われる」として、07年4月以降、生体肝移植を中止している。学内の検証委員会などの報告を受けたうえで、原因や改善策などを数日中に発表するという。
 同センターによると、20人の死因の多くは敗血症で、うち8人は1カ月以内に死亡していた。執刀したのは同センターの医師2人で、高沢謙二センター長は「患者と提供者で血液型が異なるなど手術が難しいケースも少なくなかった」と話した。
 国内の肝臓移植医らで作る日本肝移植研究会がまとめた報告書によると、92年から05年末までに国内で行われた生体肝移植3783例のうち、移植を受けた患者の1年生存率は約82%で、全体の2割程度が移植後1年以内に死亡していた。【毎日新聞ニュース】


肝移植は普通1012時間がかかる大手術で、肝機能が低下し、さまざまな合併症が現われ、生命維持が難しい末期肝硬変症患者に適用することができる唯一の治療法です。年々移植医療技術は高まり、死亡例も少なくなっていると聞いておりましたが、ここにきてこのニュースにはびっくりです。
 東京医科大八王子医療センターの高沢センター長は、「難しい手術が少なくなかった。」と話していますが、手術例の4割近い死亡者を出し、しかもその殆どが同じ医師が執刀していたことを考えると、その医師の医療技術に問題があったのではないでしょうか。更に、07年4月より生体肝移植を中止したにもかかわらず、今になって原因や改善策などを数日中に発表するとのことですが、この間、この件の検証はなにもされていなかったのでしょうか?疑問だらけです。
 お隣の韓国のソウル大病院肝移植チーム、ソ・ギョンソク教授チームは、99年以後施行された全体生体肝移植手術304件を調査した結果、20036月以降は死亡者が一人もいなかったことを明らかにしました。医療陣は304件の生体肝移植手術を行いながら、手術中に輸血や再手術したケースがなく、殆どの患者たちが合併症なしに回復したと説明しています。
 日本の移植医療水準は高いと聞いているのに、こんな差がどうして出るのでしょうか。移植学会の管理体制が甘いのでしょうか。それとも、センター長の言うように、手術できる状態ではなくても実行してしまうケースが多いのでしょうか。専門的なことは解りませんが、私のように、この医療で命を繋がせていただいている者にとっては、ショックな出来事でした。
 このような事件が移植医療にとって大きなマイナスイメージにならないことを願うばかりです。

スポンサーサイト
別窓 | 思いつくまま | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<肝炎対策基本法案:成立 「県独自の対策を」「県民の会」が知事に要請 /鹿児島 | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | 肝炎対策基本法成立 恒久救済は国の責務>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。