ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

C型肝炎ウイルスが消えた?

 最近、身体が辛くてブログを更新することさえ出来なかった私に嬉しい異変が起こりました。過去、ペグ・リバ療法に挑戦しても一度も消えることなどなかったのですが、イントロン300万単位の少量長期投与(朝晩リバビリン1錠ずつ服用)に切り替えて3ヶ月足らず、タックマン検査で、>1.2という結果に、本当に消えたの?と驚いています。

 過去5年の長期にわたって種類は違えどもインターフェロンを打ってきたことが、功を奏したのか?偶発的な異変が私の体の中で起こったのかは分かりませんが、どちらにしても本当に嬉しい。

 実は、この3ヶ月の間、あまりの身体の辛さに治療をすることを何度やめようと思ったことでしょう。しかし、その度毎に思い留まり、治療を続けてきたことがこんな結果をもたらすなんて、人間の身体の不思議さに驚きです。

 これでもう逃れることは出来ません。現在はシグナルさえ検出できないようですが、身体の中に潜むウイルスが再び私の身体の中に出て来ることは充分考えられることなので、このまま治療を続けていくつもりです。しかし、私の中の弱虫が、治療の辛さに悲鳴を上げるかも知れませんが、折角こんなチャンスを貰ったのです。頑張らなくてはと思います。 


スポンサーサイト

別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<医療者の指刺し事例報告踏まえ、「穿刺器具の取扱い」注意喚起 | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | 肝炎対策で「患者サロン」開設へ 厚労省、心のケアに>>

この記事のコメント

久しぶりにブログにお邪魔しました。検査結果よかったですね♪先日お目にかかったときに体調がすぐれなかったようでしたので、本当に良かったです。
おっしゃる通り、この病気は(この病気に限らないかもしれませんが)油断なりません。一日も早く本当の安心を手に入れていただくためにもゴールまでの緊張感を保ってくださいね。
日々進化する医療、同じ病気で頑張る仲間のみなさん、なにより完治を誰よりも願うご家族が応援していますので諦めないで辛い治療にも耐えて頑張ってくださいね。
私たちも父を支えて頑張りますので(^^)
2010-03-03 Wed 10:13 | URL | hitomi #-[ 内容変更] | top↑
 有り難うございます。
何が幸いしたのか分かりませんが、過去一度も陰性になることがなかったので、とにかく喜んでいます。
 唯、ぬかよろこびにしないためにも、治療を続けていくことが大切だと思いますので、今後もう一頑張り致します。
 hitomiさんもご家族のために本当に頑張っていらっしゃいます。ご無理が続くと思いますが、御身体には十分ご自愛下さいませ。
2010-03-03 Wed 11:55 | URL | peguriba #-[ 内容変更] | top↑
肝臓の中にウイルスのいない細胞が増えてきているってことでしょうから、消えきってくれたらいいですね。ちなみに<1.2ケンシュツセズと書く方がわかりやすいかも。
消えていくためには、陰性が続かないとならないけど、まずは陰性になったことは、喜びまくっていいですよ-。心とからだがんばってくれていますねえ-。
2010-03-09 Tue 08:08 | URL | Kawanishi #-[ 内容変更] | top↑
私の早とちりでした。
 
 担当医の診察が無かった為、血液データだけ持ち帰ったのですが、未だマイナスにはなっていませんでした。血液データには、<1.2 検出せずと書かれてあった為、感度以下でシグナルも検出できない状況となったと思ったのですが、昨日、診察があり、結果について説明を受けたところ、まだシグナルは残っているとのことでした。
 検査の表示について担当医にお伺いしたところ、正式にマイナスになっていれば、川西先生の仰るとおり、<1.2ケンシュツセズと表記されるそうです。漢字の検出せずは、元の表記が残ってしまったせいだと分かりました。
 しかし、感度以下になったのも初めてのことなので、マイナスになることを信じ、今後も治療は続けたいと思います。
 最近は、インターフェロンの副作用により、咳が止まらず、呼吸器系と心臓に負担をかけ続けていることのほうが気になっています。でも二兎は追えないので、今はウイルスを消すことに全力を傾けなければと思っています。
 
2010-03-09 Tue 15:42 | URL | peguriba #-[ 内容変更] | top↑
おー、それでも、そうです、少なくなっているのであれば、いい傾向です。咳が気になるならフェロンに切り替えるのはどうなんでしょうね。回数が週三回になるのはしんどいだろうけど。。。
2010-03-11 Thu 21:18 | URL | Kawanishi #-[ 内容変更] | top↑
以前、先生の仰るように、副作用が出にくいと言われているβフェロンに切り替えようとして、担当医に相談したことも有りますが、私のような移植患者の場合、あまり結果が出ていないのか、良い返事は頂けませんでした。でもその理由については聞いておりません。もう一度お尋ねしてみたいと思います。コメント有り難うございました。
2010-03-12 Fri 08:50 | URL | peguriba #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。