ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

注射器肝炎 ”誰も語らなかった医原病の真実

 本日、札幌緑愛病院肝がん検診団・団長の川西先生より、これから肝炎問題を解決するために何をすべきかを考えていくのに大変役立つと思われる本の紹介がありました。
 日本における肝炎問題に関わってきた肝がん検診の生みの親である、美馬聰昭氏が、注射器肝炎という本を書き上げられました。当会会員の方は一読されることをお奨めいたします。先生の取り組みがとてもわかりやすく書かれていて、ウイルス性肝炎がここまで広がった理由や本質的な問題を良く理解できる本となっているそうです。

 尚、発売は5月5日とのことです。





注射器肝炎 誰も語らなかった医原病の真実
著者 美馬聰昭 出版社 桐書房
定価 1500











スポンサーサイト

別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<福田衣里子さん来県 | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | 2010年ウイルス性肝炎治療ガイドライン>>

この記事のコメント

案内ありがとうございます。是非読んでみて下さい。医療界の体質を美馬先生の視点で書いています。いろんな考え方があるのだけど美馬先生の視点で書く先生は、まずいないかなと思います。貴重な本だと思っています。
2010-04-29 Thu 08:25 | URL | Kawanishi #-[ 内容変更] | top↑
医師であるにもかかわらず、不潔な注射器使い回しでの感染を認め、積極的な調査まで実行されている。自分たちを不利な状況に追いこむかもしれないのにです。美馬先生が日本の医療行政の間違いを素直に反省され、肝炎問題に真剣に取り組んでいらっしゃる証だと思います。
 私も体調が調わず、寝込むことが多く会の活動にも不参加が続いている状況ですが、本を読むことぐらいはできるので、是非読んでみたいと思います。
2010-04-29 Thu 10:32 | URL | peguriba #-[ 内容変更] | top↑
発行元の桐書房のサイトから注文ができます。すでに注文が受け付けられています。
 私はネットで注文しました。
  http://www.kirisyobo.com/
2010-04-29 Thu 22:36 | URL | sin #8xZo7ApU[ 内容変更] | top↑
 「セブンアンドワイ」の書籍販売では、ネットで注文すると最寄りの登録されたセブンイレブンに本が届けられます。店頭で本代の支払いができます。
 http://www.7netshopping.jp/all/search_result/-/submit.y/6/sort/1/kword_in/%E8%82%9D%E7%82%8E/submit.x/36/oop/on/fromKeywordSearch/true/ctgy/all
2010-04-30 Fri 08:44 | URL | sin #8xZo7ApU[ 内容変更] | top↑
お知らせ頂きありがとうございました。私も一昨日、近くの本屋に注文を入れておきました。当会の皆さんにも読んで頂けるようお奨めしたいと思います。
 ありがとうございました。
2010-04-30 Fri 14:27 | URL | peguriba #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。