ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

5月度月例会の開催

 5月度の月例会が昨日開催されました。今回の月例会は、顧問の清水先生のご協力により、先生が定期的に開催されている勉強会に肝友会が参加させて頂く方式で開催されました。
 今回の勉強会では、先生が昨年学会で発表された「IFN少量長期投与の効果」についてを中心に行なわれました。1点気になったことは、補足は有るものの、昨年厚労省の発表では、欧米の調査の結果、IFN少量長期投与による発癌抑制効果は認められなかったとの発表がありました。しかし、当病院での調査において、IFN治療によってHCVが排除出来なかったC型慢性肝炎患者のうち、40歳以上かつ肝病期中等度以上の肝発癌高リスク症例患者の発癌抑制効果は、IFN治療が出来なかった患者の比ではなく、このデータを見る限り発癌抑制効果は充分あるといえるものでした。このように日本の研究に於いては、IFN少量長期投与による発癌抑制効果を示す文献は多い。それにもかかわらず、体格の違いや発癌年齢にもずれがあるのに発癌抑制効果はないと断定するのは何故なのか、疑問の残るところです。
 会の中でも、資料をお配りして、勉強会を開催しておりますが、同じ勉強会でも専門の先生がついていて下さるのとそうでないものとでは、直に疑問にお答えいただけ、解決が出来るという点においては、格段の差が有ります。当会員の方も満足のいく勉強会となったのではないでしょうか。今後も、何とかご協力を頂いて継続出来ればと思います。
 
 











スポンサーサイト

別窓 | 思いつくまま | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<「国の引き延ばし、患者の切り捨て許すな」―B型肝炎訴訟団・弁護団が集会 | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | 一人でも多くの命を救って行きたい>>

この記事のコメント

海外は日本より進行例が少ないのでということだったと思います。日本ではデータが出てきていますから、期待しいています。
2010-06-04 Fri 07:03 | URL | Kawanishi #-[ 内容変更] | top↑
 パソコンを持たず、しばらく家を空けていたので、コメントのご返事が遅れてしまいました。ご無礼の程お許し下さい。
 コメント有り難うございました。条件が違っているのに、正式な発表をしてしまうのは、何か別の意図があるのではと考えてしまいます。
2010-06-09 Wed 10:05 | URL | peguriba #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。