ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

なかなかうまくいきません

「肝炎対策基本法」は制定されましたが、なかなか前に向かって進みません。肝炎対策の基本指針の問題しかり、B型肝炎訴訟問題に於いても同様ですが、「どうして」というのが率直な気持ちです。あれだけ患者会から要望し、署名を集めたにもかかわらず、試案として提出された「肝炎対策基本指針」には直接的な患者支援という事項は入っておりません。また、B型肝炎訴訟においては、最高裁で国の非が明らかになったにもかかわらず、未だに患者への正式な謝罪がない。
 
 この国には「正義」がないのでしょうか。悔しい気持ちでいっぱいです。でも前に進むためには根気よく訴え続けるしかないのでしょうね。  
 そう言えば、自民党丸川珠代議員が財政金融委員会に於いてB型肝炎訴訟問題について、野田財務大臣に質問されていました。この中で、国の責任でウイルス性肝炎が蔓延した事実を念頭に置いて、「原告たちに謝罪をする気がありますか?」という丸川議員の質問に対し、「母が同じく注射針の感染から原告の方々と同じ病気で亡くなったので、原告の方のお気持ちは非常によくわかる。しかし、最終的にはそれぞれの国民が支えあう中でどこに合理的な解を見出すかということを意識している。」と答えられました。いかにも財務大臣の答弁です。しかし、ここでも謝罪の言葉はありません。自分の親が同じ病気で亡くなっているのですから分かっておられると思いますが、やはり財務大臣としての立場でしか話せないのですかねぇ。子供でも自分のしたことが悪かったと認識すれば謝ります。何故、それが出来ないのでしょう。
 
 今現在も肝硬変や肝がんに苦しんで亡くなられている方が大勢おられるのに、この現実をどう受け止めているのでしょう!「人の命は重い」予算がないからといって先送りされる事項ではなく、全てに最優先されなければいけないことだと思います。


 わたくし事ですが、パソコンンの引っ越しに手間取って、作業が進まず苦労しています。データはバックアップしていたので、問題はない筈なのですが、まとめ方が悪かったので、引き出すことに苦労しています。パソコンを新しくしましたが、なかなかうまくいきません。それに伴いいろんな作業が遅れています。会員の皆様にはご迷惑をかけますが、どうぞお許しください。
スポンサーサイト

別窓 | 思いつくまま | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<生きてこそ | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | パソコン故障>>

この記事のコメント

私は、B型肝炎患者で、現在肝硬変にまで進行して、この先がとても不安です。
 
 疑問に思うことがあります。

C型肝炎の被害者とB型肝炎被害者では、何故補償の額が違うのですか?同じウイルス肝炎の被害者なのに差があるのはおかしいと思います。

 申し訳ありませんが納得いかないので教えてください。
2010-11-09 Tue 17:23 | URL | K.T(匿名) #-[ 内容変更] | top↑
先ず、闘病の御苦労お察し致します。
「ご相談の内容」
C型肝炎患者とB型肝炎患者の補償金額の差についてというご質問。

この場合、C型肝炎患者というより、薬害肝炎患者被害者に対しての「特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第Ⅸ因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法」に定められた給付金のことを指しておられるのだろうと思います。決してC型肝炎患者全員を指定するものではありません。一方、B型肝炎患者の場合、「政府がB型肝炎訴訟に関する和解案として提示した金額」のことだと思います。
この件は、今現在、法律で定められたものとそうでないものの違いがあります。

B型肝炎訴訟の場合、政府は財源がないことなどを理由にしております。しかし、提案額は、生命や身体の侵害を原因とする損害賠償請求訴訟における一般的な賠償水準とは言えず、決して納得できる金額ではありません。B型肝炎訴訟の交渉も未だ決着しておらず、原告側の要望を政府が受諾することを願っております。
若しB型肝炎訴訟にご参加をお考えであれば、予防注射接種などに関するいろいろな条件はありますが、最寄りのB型肝炎訴訟弁護団に相談されることが一番だと思います。尚、匿名で訴訟を起こすことも可能なので、一考されてみては如何ですか。
B型肝炎訴訟の決着がついていないので、お答えになっていないと思いますが、お許しください。



2010-11-10 Wed 09:54 | URL | peguriba #-[ 内容変更] | top↑
ご説明ありがとうございました。参考になりました。
C型肝炎の方もほんの一部の方しか救われないのですね。無知なもので何も知らなかった自分がとても恥ずかしい気持ちでいっぱいです。どうぞお許しください。
近くに同じ病気の方がおられるので相談して、今後のことは考えたいと思います。
ほんとうにありがとうございました。
2010-11-12 Fri 11:18 | URL | K.T(匿名) #-[ 内容変更] | top↑
一人で闘病するのはとても苦しいと思います。家族や友人に話を聞いてもらうことや、お近くに患者会などあれば、相談されることも良いと思います。
とにかく孤独にならないよう、明るく前向きに頑張って下さい。
2010-11-12 Fri 16:55 | URL | peguriba #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。