ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

抗がん剤は効くのか効かないのか!

2009年5月まで厳密には肝細胞がんに“効く”抗がん剤はなかった」これは、肝がんナビに連載されております記事のタイトルですが、ある意味衝撃的でした。記事は、東大病院国土典弘教授の「肝がん治療の誤解を解く」という連載の最新記事の一文です。

 抗がん剤を使った肝がん治療は随分前から行われていたと思うのですが、それでは、その治療は何だったのと言いたくなります。これまでの抗がん剤もある程度肝がんに有効であるから使われてきたのではないのでしょうか?先生曰く、そのような薬の有効性は厳密に言うと科学的に証明されていなかったと書かれています。
 2009
年5月、これまで切除不能な腎細胞がんの適応症として承認されていたソラフェニブ(ネクサバール)がSHARP試験で肝細胞がんに有効な抗がん剤として保険適用となったそうですが、この薬が出現する前は、肝細胞がんに効く抗がん剤はなかったと仰っているのです。そんな効きもしない薬を人体実験のように使っていたのでしょうか。怖い話だと思いませんか...

慶応大学医学部講師近藤誠氏は、今年1月発売された文芸春秋の「抗がん剤は効かない」という記事の中で、「効くのは白血病や悪性リンパ腫など血液のがんで、胃がんや肺がんなど固形のがんに対してはほとんど効果がない。」「抗がん剤に延命効果はない。あるのは毒性だけでその毒性により時には命を縮める事さえある。それなのに過酷な副作用に苦しめられる。」など過激に抗がん剤の治療効果を否定しています。国土教授の今回の記事はこれを肯定するものではないにしても、医学の知識のない私には、「抗がん剤って何」と思わせる記事でありました。
 しかし、近藤誠氏は、現在開発されている「夢の新薬」と言われる「分子標的薬」についても否定しておられますが、国土教授はそうではありません。また、期待してこの薬を待っておられる患者さんも多い筈です。

抗がん剤が効くか効かないかはわかりませんが、患者は、医師の診断時に抗がん剤を使おうと言われた時、自分の価値観に合わせた治療目標を持って、医師に自分の意思を告げられるのでしょうか?
参考:http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cancernavi/series/kangan_kokudo/201105/519908.html


スポンサーサイト

別窓 | 思いつくまま | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<福井県に肝炎対策に関する要望書(福井県患者会の総意)を提出 | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | C型肝炎カルテ無し患者が集団提訴 東京に続き大阪地裁など>>

この記事のコメント

ご体調はいかがですか。

 ネクサバールなど肝がん患者にもたくさん使われるようになりました。10cmの肝がんが3cmまで縮小した会員からの報告や、いくつかあった肝がんが画像検査上は消えた、門脈に食い込んだがんが相当縮小し門脈の血流がもどったなど報告を受けると効くのかなと思います。
 でも、その多くの方から肝がんがなくなったわけではありません。いつ効かなくなるのかと不安な毎日の激烈な副作用との闘いが続いている方もおられます。
 ネクサバールが効かなくなって、臨床研究中の新しい抗がん剤に切り替えて治療を受けておられる方もいます。
 一度肝発がんすると、その後が大変なのです。近藤氏の主張は患者に希望を与えない場合が多いようです。
2011-06-07 Tue 00:36 | URL | sin #8xZo7ApU[ 内容変更] | top↑
相変わらず移植後の免疫療法とインターフェロン投与という治療を続けている所為なのか、体調自体は良いというときは少ないのですが、毎日の目標を持つことで、自分の「気」を高めながら何とかやっています。

さて、私自身はネクサバールというお薬を否定している訳ではないのですし、近藤先生の意見も極端で、仰るように患者さんには不安を与えるだろうなと思います。

私が気になるのは、これまで抗がん剤を使用された患者さんへの配慮が足りない表現です。勿論、悪意があってのこととは思いませんが、全てにおいて「患者目線」ということが軽視されているように思うからです。

最近、肝がんの治療法について、電話やメールでのお問い合わせが増えています。中には、対処できない難しい質問もあります。顧問の先生や協力して頂いている先生にご相談して、出来るだけ早くお答えできるようにしていますが、勉強不足を感じることが多い日々となっています。sinさんのブログから得られる貴重な情報は、とても役立たせていただいております。今後ともよろしくお願いいたします。

2011-06-07 Tue 15:32 | URL | peguriba #-[ 内容変更] | top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-03-15 Thu 10:02 | | #[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。