ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

「水平照射」で前立腺がん治療開始 県立病院陽子線センター

福井県立病院陽子線がん治療センター福井市四ツ井2丁目)は6日、前立腺がんを対象に水平方向から陽子線を照射する「治療室1(水平照射室)」での治療を開始した。3治療室のうち2室が稼働したことになり、1日に受け入れ可能な患者は2室で計35~45人程度に倍増した。
 同センターは3月7日、360度どの角度からも陽子線を照射できる「回転ガントリー」を備えた「治療室2」1室で治療を開始。受け入れ可能な人数は1日15~20人程度だった。5日までに20人が治療を受け、うち17人が治療を終えている。
 治療室1は照射装置が固定されており、主に前立腺がんが対象。装置の調整や技師の訓練が終わったことからこの日、治療を始めた。県内の60~70代患者4人が事前に体に合った固定具などを準備し、1回目の照射を受けた。今後2カ月弱かけ、毎日1回計37回の照射を行う。治療費は260万円で、県内患者は25万円の減免措置がある。
 「治療室3」は、がん病巣の断層画像を活用し、より正確に照射できる「積層原体照射システム」などを構築中。2013年度中の治療開始を目指している。
(福井新聞201176日午後525分)

癌治療の未来を担う粒子線には、陽子線と重粒子線があり、全国の施設で治療や臨床研究が進んでいます。稼働している施設数は、日本が世界一だそうです。唯気になるのは損益分岐点にいかないで赤字を抱える施設が多く、建設にも機械にも相当な費用がかかっており、相当な人件費もかかると聞いています。そこで採算ラインに乗せるには、とにかく多くの患者に利用してもらう事が条件になるのでしょう。
 福井県では、県内患者に対して優遇措置をとったり、所得格差が医療格差とならないよう、保険制度を利用して患者の負担を減らし、利用患者増ををはかっていますが、年間どの程度の人数が確保できれば採算ラインに乗るのでしょうか?


 尤も、赤字か黒字かという採算だけを捉えて運営に踏み切ったのではなく、まさに福井県民の未来を考え、投資されたのだと思います。県立病院に導入していることがその表れだと思います。多くのがん患者が痛みや副作用の大きい辛い治療によって、最後まで苦しめられるのではなく、副作用がほとんどないと言われる陽子線治療が選択出来得るようになる為にもデータを多く積み重ね、患者にわかりやすく治療効果があるとのエビデンスを明らかにしていってほしいものです。
 医療技術は年々高まり、新しい治療法もどんどん出てくるとは思いますが、陽子線治療も進化を重ねて安全で治療効果が高く、しかも副作用のない治療として県民の期待に応えてもらえればと思います。

スポンサーサイト
別窓 | 思いつくまま | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<未だ救済されない肝炎患者の支援 | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | 菅首相のブログの注目記事>>

この記事のコメント

陽子線治療、始まったばかりの時は線量を制限し回数を増やして目的線量を患部に当てる工夫がなされていました。
 治療件数を増やすためか照射回数を減らし、線量を増やして治療を行うためか、皮膚などに後遺障害が残って大変な思いで療養されておられる方もいます。

 後遺障害を残さない丁寧な治療が求められる治療法です。
2011-07-09 Sat 16:52 | URL | sin #8xZo7ApU[ 内容変更] | top↑
sinさんへ

早速ご連絡下さり有難うございました。

 技術者にも優劣があるようですが、やはりどんな治療にも副作用は付き物です。しかし、おっしゃる通り、丁寧に治療してほしいものですね。

 今後の課題は、優秀な技術者の確保と育成が重要なのでしょう。

 ご連絡を受けた要望書は指定の部署に提出するように致します。重ねてありがとうございました。
2011-07-10 Sun 10:42 | URL | peguriba #-[ 内容変更] | top↑
放射線治療は、1回あたりの照射線量をなるべく少なくして回数を増やすなど、放射線によるやけどなどの後遺障害対策を以下に丁寧にするかでしょう。
 治療者を増やすために、一人あたりの治療回数を減らす、ここに注意が必要だと想います。
 下記に参考資料があります。
 http://homepage2.nifty.com/hosya00/s009.pdf
2011-07-11 Mon 21:14 | URL | sin #8xZo7ApU[ 内容変更] | top↑
私は、開設された時の説明会にも出席しましたが、ご指定のような副作用についての詳しい解説はなかったように思います。
 
専門的知識のなさが、いいことばかりの説明を信用することになったようです。

治療を受け副作用に苦しんでおられる方々には、失礼なことをしてしまいました。申し訳ありませんでした。
2011-07-12 Tue 11:38 | URL | peguriba #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。