ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

肝臓病医療講演と歌の集いin大阪


 昨日(86日)、札幌緑愛病院肝臓センター所長の川西先生の肝臓病医療講演が大阪で開催されました。私も参加させて頂くため、朝時起きで電車で大阪に向かいました。

 さて、9時半ごろ会場に到着すると何と先生自ら会場作りされておられました。
 私はといえば何かお手伝いできることはないかと只うろうろするばかり、何の役にも立てませんでした。
 その後続々と会場に詰めかける方が増え、予定通り10時に医療講演が始まりました。総勢30名ぐらいでしょうか。
 先生の医療講演はいつも病気に対する心構えから入ります。「健康になるためには、出来るだけなりたい姿を想像しましょう。病気や悩みのことばかり考えないで、健康な姿、やりたいことをしている姿を想像しましょう。」人間弱いもので、私もそうでしたが、実際には悪くなった時のことばかり考えてしまうものです。しかし、経験上そんな時は、常に悪い結果が追いかけてきたように思います。病を患っておられる方には、教訓として欲しい言葉です。この他にも「笑いの医力」という高柳和江さんの本を紹介し、笑いが免疫力を上げ健康に役立つことなどを紹介されておられました。
 医療講演の中では、先生が診ていらっしゃる患者さんの注目すべき症例です。肝がん治療後の75歳の高齢者にペガシスの少量長期投与を導入してウイルスが消えた例、しかもペガシス45ug月1回投与で陰性となったのです。他にもペガシスの少量長期投与によってウイルスが陰性化した例を上げられていました。最も注目すべきは、インターフェロンの少量長期投与で、肝がんの発生抑制が期待されるデータが出てきていることです。
 今秋には期待される治療薬「テラプレビル」の登場、代償性肝硬変の患者さんにはペガシスとコペガスの併用療法が使えるようになったとの報告。更には、近い将来、インターフェロンの副作用の心配がいらない飲み薬2剤を使用する治療法が出てくるとのことです。先生の「肝炎治療は着実に進化をしているので、あきらめないで治療に取り組んでほしい」との言葉に勇気を頂きました。




 講演が終わり、次は「歌の集い」が行われました。途中先生のギターの弦が切れるというハプニングはありましたが、皆で青い山脈を歌って無事終えました。途中、ふきのとうの「水色の木もれ陽」という曲を歌われ、誰も知らないだろうなとおっしゃっていましたが、私は知っておりましたよ。私は、「やさしさとして、思い出として」という歌が大好きですが、誰も知らないかな?

 午後はそのまま、関西地区の患者さんを支えておられる皆さんとの交流会です。交流会の会場がカラオケルームということでどうなるのだろうと思われましたが、案外リラックスして話されたのではないでしょうか。
 途中食事をとりながらとなりましたが、自己紹介から始まって、先生に真剣に質問されている皆さんが、とても逞しく感じてしまいました。ご自身病を抱えながらも肝炎問題に熱心に取り組んでおられ、情報として発信しておられることは、大きな力となっているんだろうなと思います。伝えるという事はとても大事なことだと思います。こうしたお仲間の輪が全国に広がっていくことが、肝炎患者が安心して暮らせる世の中を創っていくのだと思います。こう実感できたことだけでも参加して良かったと思います。
 秋の医療講演に向けしっかりと準備せねばと気を引き締めたいと思います。

スポンサーサイト
別窓 | 肝友会 | コメント:10 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<福井の名所探訪 | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | 臓器提供、普段家族で意思確認を 法の成果と課題>>

この記事のコメント

こんばんは、neko-shippoです。

短い時間でしたが、いろいろお話ができてうれしかったです。

お疲れでませんでしたか、どうかご自愛くださいませ。


初めて自分が肝炎だとわかったのは、18年前怪我をしてその手術をすることになり、
採血をしたところわかりました。
ショックで死ぬことしか考えられませんでした。

私の亡き母もC肝悪性リンパ腫でなくなり、姉はC肝ではありませんでしたが、
肝細胞ガンで11年前に50歳で亡くなりました。

私もいつか黄疸が出て死ぬんだとその頃思いました。

今は、どうにか前向きに共存共栄もありかなっておもうようになりました。

また、お会いできる日を楽しみにしています。
2011-08-07 Sun 22:18 | URL | neko-shippo #9lpzSer6[ 内容変更] | top↑
neko-shippoさんこんばんは。

 肉親に肝臓病で亡くなられた方がおられると辛いですね。病気が進行してお母様と同じ状態になってしまうのではないか、死ぬんじゃないかとか悪くなったことばかり想像してしまいます。

 私もそうでした。ブログにも書きましたが、そんな時に限って悪い結果が追いかけてきたように思います。

 先生のお話のように出来るだけ良いことばかりを想像することが良い結果をもたらしてくれると信じることだと思います。

 私もこのことを実践するようになって初めてなぜかお陰さまでと思えるようになったのです。そうしたらある種開き直ることが出来るようになって、随分心が軽くなったような気がしています。
 
 neko-shippoさんも昔の私とは違うと思っていらっしゃるのではありませんか。お顔を拝見する限り暗さなど感じられませんでしたが...

 肝臓病の治療は格段に進歩しているので、きっと完治する日が来ると信じましょう。明日に向かってとにかく前向きに生きましょう!
2011-08-08 Mon 00:11 | URL | peguriba #-[ 内容変更] | top↑
peguribaさん 、講演会のみならず交流会へも参加して頂きありがとうございました。

考えてみると交流会は美女たちに囲まれて男性陣は先生とpeguribaさんと私だけ。

集団見合いをしている感覚で楽しかったですね。

またお会いしましょう!
2011-08-08 Mon 17:52 | URL | かわかみ  #-[ 内容変更] | top↑
川上さん こんばんは

先日はお世話様でした。

肝炎患者支援の為、日夜を惜しまず頑張っていらっしゃる川上さんは、患者会に携わる者のお手本です。

肝炎患者が安心して治療に望める社会の実現に今後も是非お力をお貸し下さい。

宜しくお願い致します。
2011-08-08 Mon 20:58 | URL | peguriba #-[ 内容変更] | top↑
こんばんわ。かむいです。

当日は、いろいろとご苦労さまでした。
peguribaさんのこれまでの経緯を聞いていたら、私とは悩みのレベルが違いすぎて、治療する前の段階で尻込みしている自分が情けなくなった次第です。

こんな私に対して、いろいろとアドバイスしていただき、本当にありがとうございました。

我が家では、早速、無添加のトマトジュースとニンジンジュールを
買ってきて、Mixして毎日飲み続けるようにしました。
(まだ2回しか飲んでませんが。)

あと、体調があまりよろしくようであれば、あまり無理をせず、活動していくのもありではないかと思います。

また、お会いできる機会を楽しみにしています。
2011-08-08 Mon 21:19 | URL | かむい #-[ 内容変更] | top↑
かむいさんへ

先日は、交流会の途中で退席してしまい失礼致しました。

人生にはいろいろなことがあります。私たちが罹患したウイルス性肝炎という病気は、私たちの人生をも壊してしまう可能性を持った怖い病気です。ですからかむいさんが悩まれることもよくわかります。

しかし、私のように肝炎の終末期を経験した者は、その体験を通して、自己を振り返らざるを得なくなり、これまでの生き方や価値観が一変し、否応なく死と云うものを考え、寝ても覚めても死が頭から離れませんでした。私には辛く苦しいものでした。

私がこのような状況に追い込まれたのは、発病当時は、C型肝炎という病気も分かっておらず、かかりつけ医の先生に、この病気は今の段階では、治療法がないと言われ、その後何も治療しなかったことが原因です。

しかし、現在は、治療法も未だ完全とは言えませんが、治るしくみが出来ています。それに政府も肝炎対策に力を注ぐようになり、肝炎治療は目覚ましい発展を見せていると思います。
故に治療すれば、副作用などかむいさんを苦しめることがあるかもしれませんが、治癒して今の状況から脱することが出来る可能性が高いと思います。今後の明るい未来を築くためにも一日も早く治療されることをお勧めします。

最後に「病気」ということばを考えてみて下さい。正に「病は気から」です。川西先生が講演で話されたことを思い出して下さい。病に対しての気の持ち方も病気を治していく上ではとても重要なことのように思います。

お互い未だ病を持った身、病との縁を断ち切れるまで、出来るだけ明るく前向きに頑張っていきましょう。
2011-08-09 Tue 12:03 | URL | peguriba #-[ 内容変更] | top↑
ブログにアップしていただいて恐縮です。ありがとうございます。
本当にpeguribaさんに福井で講演をさせてもらって、全国にいっぱいいる不安な人たちに少しでも安心が届けられれば、きっと、北海道もよくなるなと思う次第です。

ふきのとうしっていたんですね。やさしさとして思い出としても得意です-。福井では入れましょうかね。あは。
2011-08-09 Tue 16:30 | URL | Kawanishi #-[ 内容変更] | top↑
kawanishi先生

先日は有難うございました。

インターネットでつながる皆さんとお話しできてとても有意義な一日となりました。

皆さん病を抱えながらそれぞれに頑張ってらっしゃる。辛いこともいっぱいあったでしょうに、それでもみんな逞しささえ感じました。凄いです。

秋の講演会楽しみにしています。それから場所は抑えただけですから日程はご無理のないようお願い致します。日程が合わなければ又探せば良いだけですから。ご遠慮なくお申し付け下さい。

ありがとうございました。

2011-08-09 Tue 17:30 | URL | peguriba #-[ 内容変更] | top↑
先日はありがとうございました。終末期から生還された、ってことは本当にすごいと思います。今なお、副作用など大変かと思いますが、お会いしてみてある意味達観されたというか柔らかいけどすごい強さを感じました。
またどこかでお会いできるのを楽しみにしています。
2011-08-09 Tue 21:24 | URL | ちゃぼ #XRBYIiaA[ 内容変更] | top↑
ちゃぼさんへ

達観なんかしていませんよ。何かあればすぐに心が揺らぐ、どこにでもいる普通のオヤジです。

ちゃぼさんは剣道5段立派な女性剣士、凄いな~実際現役でやってらっしゃる人の中では相当な高段位ですよね。九段とか十段とかは名誉段じゃないんですか。

何の道でもそういうところまで達するということは、そう簡単にできることではないと思います。やっぱり凄い!!

こちらの方こそ宜しくお願い致します。有難うございました。
2011-08-10 Wed 11:08 | URL | peguriba #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。