ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

≪厚労省薬食審第二部会 優先審査項目の 田辺三菱の新しい作用機序を持つHCV治療薬「テラビック錠」了承≫

 8月26日の厚生労働省薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会では、田辺三菱製薬のC型慢性肝炎治療薬「テラビック錠250㎎」(一般名=テラプレビル)の製造販売承認の可否などの審議をし、いずれも承認が了承された。
 
 テラビックは、C型肝炎ウイルス(HCV)の増殖を抑制する経口治療薬。新有効成分のテラプレビルを含有しHCVの複製に関与するNS3-4Aセリンプロティアーゼを阻害する新しい作用機序を持つ。
 現在の(HCVに対する)標準療法はペグインターフェロンとリバビリンの48週間併用療法だが、テラビックを加えた3剤併用療法で治療期間の短縮が確認されている。厚生労働省医薬食品局審査管理課は「投与期間の短縮という観点からも高い有効性が期待されてる。」としている。
 市販後調査と全例調査が付いた。2011年5月に米国で承認済み。備考からセログループ1(ジェノタイプI〈1a〉又はⅡ〈1b〉のC型慢性肝炎における
 次のいずれかのウイルス血症の改善、(1)血中 HCV RNA 量が高値の未治療患者、(2)インターフェロン製剤の単独療法、又はリバビリンとの併用療法で無効又は再熱となった患者を効能・効果とする新有効成分含有医薬品。

  (平成23年8月26日付 「日刊薬業」より)

 

 先日、年内発売濃厚との記事をブログに乗せたばかりですが、昨日、厚生労働省認可となったようです。この薬で多くのC型肝炎患者がウイルス感染の苦しみから救われることでしょう。更に、今後も多くの薬剤が開発されておりますので、必ずや肝炎が撲滅される日が来るのだと思います。
 今後、画期的に治癒する薬剤が出てくるとは思います。しかし、命との時間の勝負をしている患者には、この薬は使えない方が殆どです。命を救える薬剤が開発されるまでは、出来るだけの支援をしていくことは、絶対の救済条件だと思います。「肝炎対策基本指針」は出来ても、患者会が最優先事項としている「肝硬変・肝がん患者の医療支援」は相変わらず実行されません。肝炎患者が参加していない地方自治体の肝炎対策協議会が多いことも問題ですが、肝炎患者の意見が通らない「肝炎対策推進協議会」は何のために開かれているのかわかりません。
 今後、患者会としても何らかの対策を考えていかないといけないのではないでしょうか。

 

スポンサーサイト

別窓 | ウイルス性肝炎問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<肝炎検査の個別勧奨、市町村の実施は約半数-肝炎対策推進協 | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | 「がんの練習帳」を読んで>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。