ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

川西先生医療講演IN福井

 10月23日(日)10時、予定通り医療講演が開催されました。
当日は、福井県肝友会顧問の清水ドクターも、御自身の予定を一部変更して、歓迎の挨拶をして下さいました。
 先生は、福岡での学会に参加され、その足で福井へお越しいただきました。前日に入られ御友人と福井の観光地を巡られたそうです。その様子ももうブログに載っていました。勿論、肝臓学会の御報告も、いつもながら早いなーと感心するばかりです。

 さて、先生の講演会では、「健康で幸せに過ごすにはどうしたらいいのでしょう。」というこの言葉で始まります。いつも病気に対するしっかりとした心構えについて話されます。
今回もウィル・ボーエンの「もう不満は言わない」、高柳和江著の「笑いの医力」という本を紹介しながら笑いが身体に及ぼす良い影響やプラス思考の考え方の大切さについて話されました。

 続いて食生活についても触れられ、食事は、バランスが大切、問題の鉄制限については、医師が特別指示しない限りあまり気にしないように、特に植物性の鉄分は気にすることはないとのことですが、動物性の鉄分については吸収率が高いので注意する必要があるようです。

 続いて肝がんについてのお話がありました。肝がんの原因のほとんどがB型やC型肝炎が原因で、予防にはB型肝炎は核酸アナログ製剤、C型肝炎はインターフェロンが中心になり、肝がん検診などで早期に発見することが大切とのことです。最近の研究では、インターフェロンの投与が肝がんの予防につながるとのデータが出てきているそうです。更に、肝がんは2センチ以内で見つけられ、殆どが内科的に患者に負担をかけない治療が出来るようになったとのお話でした。
 先生の講演の素晴らしいところは、肝がん患者の困窮を理解され、肝炎の恒久対策の必要性にに及ぶことです。今回も熱くその点を話されておられました。

 続いて肝炎治療について話されました。その中でも、B型慢性肝炎治療に新しくペグインターフェロンが助成されることが決定、C型慢性肝炎に対するプロテアーゼ阻害剤を含む三剤併用治療も年末には使えるようになるとのお話がありました。又、先生の患者さんの症例を上げ、インターフェロンの量を工夫して、ウイルス除去につながった例、84歳のおばあちゃんの治療については衝撃的でした。少量を2週に1回4回打っただけでウイルスが消えるなんてびっくりですよね。この他にも肝硬変がインターフェロンを打つことで元の肝臓にもどっていくなどのお話がありました。更に5年ぐらいの間に出てくるであろう薬2剤だけを使う治療は、副作用がほとんど出ないので、待てる人は待つのもありかなとの話もありました。とにかく情報満載でこのブログで全てをお伝えできないことが残念です。
 第2部は歌の集いのコーナーです。
 「きっときっと」、「あきらめないで」など全5曲を来場者の拍手とともに熱唱されました。最後は、青い山脈をみんなで歌って終えました。
 第3部は相談コーナー。
 多くの質問があり、先生には一つ一つの質問に丁寧に答えて頂きました。時間の関係で打ち切らせて頂きましたが、少し心苦しく思いました。頂いたご質問については、別の形で改めて紹介したいと思います。

 無事講演をおわり、講演会に来て頂いた方が、口々に来て良かった、素晴らしい講演だったとお話し下さったことは、企画した側の人間にはとても嬉しくこちらが感激してしまいました。
 先生に感謝です。ありがとうございました。

 
 
スポンサーサイト

別窓 | 肝友会 | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<第2回肝炎対策協議開催される | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | C型肝炎内服治療薬2剤併用治療は、何年後?>>

この記事のコメント

早速アップしてくれて、ありがとうございます。
今回は観光もグルメもできたので、大満足でした。交流の時間作れなくて申し訳なかったです。
体調よくなるよう、すこしでも、楽しく過ごしていただけたら幸いです。元気が出たときに行動して下さいねえ。
私もその口です。
2011-10-24 Mon 09:26 | URL | Kawanishi #-[ 内容変更] | top↑
そうですね。
もっと楽にせっかく頂いた人生楽しまないといけませんね。

ごろごろしている私をいつも叱咤激励してくれている妻と一緒に旅でもしますかね。

こちらこそありがとうございました。
2011-10-24 Mon 11:02 | URL | peguriba #-[ 内容変更] | top↑
こんにちは!
先日は本当にありがとうございました。

遠く小浜の方からも参加されている方がいらっしゃてビックリしました。
そして、私だけではなく皆さん情報が欲しいのだとつくづく感じました。
なかなか、声を出して肝炎患者である事が言えない病気。
患者だけでももっとコミュニケーションが取れればいいですね。

私も、今日やっとブログにUPしました。
ことわりもなく、このブログを紹介させて頂きすみませんm(__)m

お体、お辛いとは思いますが、これからも活動頑張って下さい。
応援しています!
2011-10-26 Wed 16:33 | URL | りー #t3.6hico[ 内容変更] | top↑
りーさんへ

身体はつらくても気持ちがしっかりしていれば、大丈夫だと思います。

今月の終わりには、県の肝炎対策推進委員との会合です。

「肝炎対策基本法」には「肝炎対策は、肝炎患者等を含めた国民の視点に立ち、国民の理解、協力を得て、肝炎患者等を含む関係者が一体となって、連携して対策をすすめることが重要である。」との記述があります。県の職員の方の協力を得て肝炎患者の療養環境が少しでも前進できればと思います。頑張ります。

2011-10-26 Wed 20:28 | URL | peguriba #-[ 内容変更] | top↑
 いろいろとご苦労様です。

 私の方は、27-29日まで開催された日本がん治療学会学術集会に参加してきました。
 この学会は、3年前から患者・患者支援団体のリーダーにも門戸を開き、共同でがん治療の推進を行っていく姿勢を持ち、、ペーシェント・アドボケイト・プログラム(PAL)がもうけられています。
 患者団体などの紹介コーナー(パネル)があり、ここに展示することが承認(Aコース)されると、交通費や宿泊費、参加費などの助成がなされます。
 PALの運営のお手伝い(ボランティア)は、Cコースで、私はこれに応募し、参加することができました。
 初めて参加してみて、学会と患者会が学術集会でともに討議できる、大変すばらしい方法だと感心した次第です。
 ただ、肝臓がんの化学療法や放射線治療は、まだまだたくさんの課題というか標準治療になっていない部分が多い分野だと思い知った場でもありました。
2011-10-31 Mon 18:25 | URL | sin #8xZo7ApU[ 内容変更] | top↑
sinさんの活動は、幅広く内容が流実したもので、私達が活動をしていく上での目標としております。

私達が肝炎患者支援活動をしていく中で、医師会や医師の協力があればという場面がよくあります。それだけに学会が患者団体と協同して治療の推進を行っていこうという姿勢は素晴らしいことのように思います。

私達の会でも度重なる肝臓がんの発症に苦悩されておられる方が少なくありません。ウイルス肝炎により、肝硬変が進んでの肝臓がんは殆どの方が再発され、その度に対処療法で処置しておられます。その繰り返しに絶望感を持っておられる方さえおられます。治療法の開発は進んでいるとは思いますが、一日も早く完治へ向かう治療法の開発が進むことを願うばかりです。

sinさんも治療を続けられながら、肝炎患者支援の為の活動に参加されておられるその姿勢は、本当に頭が下がります。

でも、決してご無理なさいませんようお願い致します。私達が活動を進めていく上で、良きお手本としてこれからも宜しくお願い致します。
2011-11-01 Tue 09:22 | URL | peguriba #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。