ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

福井新聞で紹介されました






























 先日(6月9日土曜日)行われた福井県肝友会主催の医療講演会(札幌緑愛病院肝臓センター所長川西輝明医師講演)が福井新聞で紹介されました。記事の内容は上記をご確認下さい。(注)記事を写真撮りしたものなので不鮮明だと思いますが、ご容赦お願い致します。


 後日、講演会をお聞きになった方からお礼の電話を頂きました。ご本人のご了承を得てここに紹介させていただきます。

 「私は、患者会の会員ではありませんが、主人が肝がんの再発でここ何年か苦しんでおります。主人のためになればと講演会に来させて頂きました。しかし、こんな素晴らしい講演を聞かせて頂いたのは、初めてです。何が素晴らしかったのかと言えば、先ず患者の立場や気持ちを理解されてお話しされていることが、感じられることです。それに患者さんに希望を与え、いっしょに病気と闘ってくれるような気がしました。私自身も改めて主人と共に頑張ろうという気持ちになりました。何度か医療講演会にも参加しましたが、こんな気持ちになったのは初めての経験です。来させて頂いて本当に良かったです。有難うございました。
 治療法についても、「ソラフェニブ」という薬を使った治療があり、すごく可能性を感じました。今月26日に担当の先生の診察があるので、その時にでも相談してみます。もし、地元の病院で出来ないようなら、幹事の方から紹介された済生会病院へ紹介状を書いてもらって行ってみようと思います。」 

                                              以上

この他にもお礼の電話を頂きました。また機会があったらご紹介したいと思います。




























スポンサーサイト
別窓 | 肝友会 | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<苦しむB型肝炎患者 救済の速度もっと早めよ | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | 2012年度川西先生医療講演会ご報告>>

この記事のコメント

新聞にも載せていただけたんですねえ。ありがたいです。
講演を聞いて前に進める方が1人でもいたら、よかったといつも力を頂いています。今後ともよろしくお願いいたします。
2012-06-24 Sun 08:44 | URL | Kawanishi #-[ 内容変更] | top↑
こちらこそありがとうございました。

講演会にお越しいただいた方に喜んで頂け、お礼の電話まで頂けたことは、主催者側の一人として嬉しく思います。

しかし、先生の講演をできるだけたくさんの人に聴いていただきたかったのですが、動員が少なかったことが悔やまれます。かえすがえすも残念です。

来年は、先生の素晴らしい講演を会場いっぱいになるぐらいの皆さんにお越しいただけるよう動員に力を入れたいと思います。

先生!来年も宜しくお願いいたします
2012-06-24 Sun 12:15 | URL | peguriba #-[ 内容変更] | top↑
縁のある方がたくさん来てくれるのもうれしいですが、縁の強い方がもっともっと元気になってくれるなら、人数が少なくても行きますので、また、お会いできる日を楽しみにしています。
2012-07-08 Sun 20:57 | URL | Kawanishi #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。