ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ペグ8回目投与5日目

 今日は、朝から頭が重く咳き込みがひどい。以前ならとっくに出血していてもおかしくないと思うのですが、うがいの徹底と鼻うがいを行っているのが良いのか、良い方向にいっているようです。たぶん感染がおこっていないのでしょうね。
 リバビリンが、1日2錠となっているのに、貧血の状態が続いているせいなのでしょうが、足もとがフラフラしてちっともまともに歩けない。イライラしてしまいます。とにかく、気持のリフレッシュを・・・

 先日、Kenさんからメールを頂いて、肝心な過去の治療のカルテは見つからず、何の証明も得られなかったとのことで、それはとても残念でした。後で私も知ったことなのですが、感染の危険性があるフィブリン糊を使用したかしていないかの記載の義務はないそうです。こんなことが許されるのでしょうか?
何だか悲しくなってしまいます。
 しかし、2年前にペグイントロン・リバビリン併用療法を受けられ、ウイルスが陰性になられたことがまず以て良かったですね。
 ウイルスの型は同じ1b高ウイルス型だったとのことですが、既定の1年で除去出来て、その後今日まで陰性が続いているとのこと、もう安心ですね。私もまだウイルス除去療法が適用となるかは決定していませんが、是非トライしてみたいと思っています。
スポンサーサイト

別窓 | 闘病記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<インターフェロン助成制度の問題点 | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | 今年も鴨がやって来た。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。