ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

肝友会7月度第5週定例会議




 久し振りに定例会議に参加することが出来ました。

 しかし、参加してみると、肝友会の運営担当者の多くが、この夏場で体調を崩し、決められたことの殆どが先送りされ、会の運営が思うようにいっていませんでした。当初より、会の運営を担当する者が全て肝移植者であることから、ある程度予測されていたことではありました。発足当初から新しい方の参加を呼び掛け、世話人にボランティアで参加して頂ける方を募っていたのです。しかし、いずれもうまくいかず今日まで来てしまいました。

 肝移植者は、手術を受けても術前と同じ病気で治療を受け続け、しかも免疫抑制剤を飲み続けなければならないこともあって、いろいろな障害と闘わなければならない人が多いのです。だから会の運営存続のためには、新しい方の参加が不可欠と云えます。当面は今いる者で頑張ってやっていくしかないのですが、新しい人材の参加が急務となりました。
 
 今日の会議では、今後の活動についての話し合いが行われました。

 随分と立ち遅れましたが、先般の血糖値採血器具の使い回しや歯科医師の歯周病治療器具に関する使い回しなどの問題について要望書を提出し、再発を未然に防ぐよう要請していくことや、4月より始まったインターフェロンの助成も色々な問題が噴出し、応募者が予定数を大幅に下回る現状を鑑み、少人数の勉強会や個別の相談会などを開いて、その啓蒙活動に力を入れていく事が決まりました。会場などの準備があるので、8月の終わりか9月の頭ぐらいからのスタートになりそうです。

 私はと言えば、今日になってやっと熱が下がり平熱になりました。しかし、朝から頭が重く耳鳴りを伴っているので、又、耳が聞こえなくなるのかと疑心暗鬼となっています。明日は、12週後のウイルス検査と13本目のペグを打つ日です。
うまくいってくれるとよいのですが・・・
スポンサーサイト

別窓 | 肝友会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<肝炎患者に朗報! | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | 見直しを検討できるか厚労省?>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。