ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

勉強会が近いのに

 先日の血液検査の結果を聞き、しばらくは何も考える余裕などありませんでした。結果と併行するように、相変わらず体調がおもわしくない状態が続いている。普通に考えると副作用の強く出ることや、肝機能の数値が順調に下がっていることを考えると、ウイルスに対しても治療効果が出ていると考えるのだが、ここへきてのウイルス数値の上昇は信じられない気持ちでいっぱいです。やはり人によって様々なのでしょうか?
 精神的にいつまでも引きずってはいけないと思いながら、自分の弱さを思い知らされています。
 このところずっと会の定例会議には参加が出来ていないので、進行状況が把握できていないこともあり、少し焦りを感じています。しかし、今のような体調では、どうすることも出来ない。他のメンバーに迷惑を掛けることになりますが、お許しいただきたいと思います。
 会は、16日(日)に肝炎治療、薬害肝炎問題の2本立てで,個別の勉強会を行う予定です。
スポンサーサイト

別窓 | 闘病記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<家族了承で臓器提供容認54% | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | ウイルス検査(24週後)の結果 >>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。