ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!)

ウイルス性肝炎は国の薬事行政のミスから生まれた「医原病」です。原因とその被害の蔓延の責任が国にあるのは明らかです。全国350万人以上のウイルス性肝炎患者全員の平等な救済を勝ち取るための闘うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

戦争の傷跡

 イラクででは1991年の湾岸戦争に於いて、米国が劣化ウラン弾を使用したため、今でもその影響が残り、白血病や癌が増え続けているそうです。
 以前にもその健康被害について触れたことがありましたが、最近、このことがテレビニュースでとりあげられていました。改めてその悲惨さに心が痛みました。湾岸戦争前より、戦争後の方が圧倒的にこれらの疾患に罹る患者が多いことから、劣化ウラン弾の影響は明らかです。其れがもたらす放射能は長期に渡る為、その影響は甚大な被害を与えます。
 新しい米国の大統領に決まったオバマ氏は、イラクから米軍を撤退させると公約していますが、一日も早く撤退させ、治安を回復させるべきだと思います。又、医薬品や医療機器が不足する為、治療が出来ずに大勢の方の命が失われています。貧しい人は、病院に行く事さえできないでいるそうです。米国は、このような戦争を起こしてしまった事を反省し、不足する医薬品や医療機器を提供し、更には物資の援助を続けていかねばならないと思います。
 戦争にまったく関係ない人々が、なんの援助も受けられず亡くなっていく現実は、いわれなきウイルス感染により、毎年多くの方が肝硬変や肝癌によって亡くなっていかれることとダブってしまうのは、私だけでしょうか?
スポンサーサイト

別窓 | 思いつくまま | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<インターフェロン治療の発がん抑制効果 | ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) | 家族了承で臓器提供容認54%>>

この記事のコメント

 ご苦労様です。 いつも御世話になっております。
 オバマ氏は、イラクから米軍を撤退させると公約したのですから、一日も早く撤退させて皆のプラスにしていただきたいですね。もっと!こう急いで欲しいですよね?
 毎度、ブログ更新してますが、少しでもよかったら  <m(__)m> ペコリー
 恐縮ですが、よかったら、左下の 【脳・神経・脊髄】【理系大学】【病気ブログ】【サラリーマンブログ】を押して頂けたら、感謝です。




2008-11-15 Sat 18:01 | URL | 智太郎 #Cv7CRq2s[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ペグ・リバ日記(ウイルス性肝炎に負けるな!) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。